新型コロナの感染拡大により新しい生活スタイルへの関心が高まるなか、大切な人と三密を避け、安心して大好きな映画が楽しめるということで、いま再び注目を集めているのが「ドライブインシアター」です。

クルマというプライベートな空間で、安心して映画が楽しめるドライブインシアター。映画館と違って、仲間と自由に会話したり、飲食を楽しみながら鑑賞できるのが魅力です。映画の音声はクルマのFMラジオで聞くことができるので、Audiならクリアなサウンドを好みの音量で楽しめるのもうれしいところです。

いつものAudiでドライブインシアターを快適に楽しむために、こだわりアイテムを紹介します。

画像1: 【PR】Audiでドライブインシアターに行こう

ほどよい温度がうれしい「クールボックス」

映画鑑賞を盛り上げるのに欠かせないのが、おいしい食べ物や飲み物。お気に入りのドリンクやフードを用意して、ドライブインシアターに持ち込むには、Audi純正アクセサリーの「クールボックス」が便利です。

このクールボックスは、付属の蓋を取り付けることで、保冷や保温ができるというすぐれモノ。室内の12Vソケットの電源で、保冷なら約18℃、保温なら約60℃という温度で、中の食べ物や飲み物を保管できます。保冷の場合、保冷剤を併用するとさらに効果が高まります。

この日はお気に入りのコーヒーと紅茶、ワッフル、ナッツなどをクールボックスに詰めて出かけました。保冷と保温はスイッチひとつで切り替えが可能で、今回は保温を選択。容量は20Lで、いろいろ詰め込んでも余裕があります。

荷室を汚れからしっかりガードする「ラゲッジルームシェル」

Audi Q3 Sportbackでは、ラゲッジルームに12Vソケットがありますので、クールボックスもラゲッジルームに積んで出かけます。Audi純正アクセサリーの「ラゲッジルームシェル」があれば、ドリンクをこぼしてしまったりしても、簡単に掃除できるので安心です。
※本商品はモデルごとに適合が異なります。

「Audi UTR」でドライブをさらに安心に

準備が整ったところで、ドライブインシアターに向かいましょう。ドライブの際に、もしものときに備えるいまや必須アイテムがドライブレコーダー。このAudi Q3 Sportbackには、Audi正規ディーラーにて、Audi純正ドライブレコーダー「Audi ユニバーサルトラフィックレコーダー フロント&リヤ」(以下、Audi UTR)を装着しました。

Audiにふさわしいスタイリッシュなデザインが印象的なAudi UTRは、昼夜を問わず、鮮明な動画を記録するのに加えて、駐車中にはGセンサーとレーダーで監視し、異常を記録してくれる安心のドライブレコーダーです。

しかも、スマートフォンのアプリで簡単に設定や動画の確認ができるのも魅力です。

Audi UTRについては、ぜひ下記のレポートもご覧ください。

「ゲッコーフレグランス」で心地よいキャビンを

ところで、エアコンの吹き出し口に張り付いているこのマスコットをご存知ですか? Audiではquattroをイメージさせる「ゲッコー(Gecko)」がマスコットとして活躍しています。

このアイテムは「ゲッコーフレグランス」というAudi純正アクセサリーで、スパイシーでほのかな木の香りを楽しむことができます。ドイツ国旗をモチーフにしたもののほかにも、シンプルなデザインのブラック、甘い花の香りのピンクが用意されていますので、お好みのデザインでコックピットを彩るとともに、良い香りに包まれながら楽しい雰囲気で映画を楽しんでみてはいかがでしょうか。

画像: ゲッコーフレグランス(ドイツ)

ゲッコーフレグランス(ドイツ)

お目当てのドライブインシアターに到着したら、クールボックスに入れたドリンクやフードを取り出して、映画鑑賞の準備は万端。ほどよい温かさのコーヒーと紅茶、そして、ワッフル片手に、自宅や映画館とはまた異なる雰囲気で、話題の映画を楽しむことができました。

また次の休日も、大切な人を誘って、ドライブインシアターに行きたくなりました。

画像: 「ゲッコーフレグランス」で心地よいキャビンを

(Text by Satoshi Ubukata / Photos by Hiroyuki Ohshima)

■関連リンク
クールボックス
ラゲッジルームシェル
Audi ユニバーサルトラフィックレコーダー フロント&リヤ
ゲッコーフレグランス(ドイツ)

This article is a sponsored article by
''.