画像1: 2022年11月に導入したフル電動SUV「ID.4」(画像はLaunch Edition)

2022年11月に導入したフル電動SUV「ID.4」(画像はLaunch Edition)

フォルクスワーゲン ジャパンは、12月22日、11月に導入したフル電動SUV「ID.4」の標準グレードを本日より先行受注受付を開始し、2023年第2四半期以降に発売すると発表した。

標準グレードの展開は、

・エントリーグレードのID.4 Lite(税込希望小売価格5,142,000円)
・上級グレードのID.4 Pro(税込希望小売価格6,488,000円)

の2グレードとなる。

多くの販売拠点において「Launch Edition」の在庫が完売・あるいは品薄となってきている状況を考慮し、2023年以降の生産で、同年第2四半期以降の販売分となる標準グレードの販売活動を前倒して開始することにしたという。

画像2: 2022年11月に導入したフル電動SUV「ID.4」(画像はLaunch Edition)

2022年11月に導入したフル電動SUV「ID.4」(画像はLaunch Edition)

2023年以降生産モデルはバッテリー容量などは従来モデルと変更はない。

制御にかかわるハードウェアおよびソフトウェアの改良により、航続距離をさらに延伸。これに伴い、希望小売価格が変更される。

なお「Launch Edition」に付帯される特典の内、ユーザーから評価の高い独自の充電ネットワークにおける急速充電器利用料金の60分/月無償提供(登録から1年間)は、標準モデルにおいても一部内容を変更して継続する。

具体的な変更点などについては下記の表に記載されている。

画像: フォルクスワーゲン ジャパン、「ID.4」標準グレードを前倒しして2023年第2四半期以降に発売

(Text by Toru Matsumura)

This article is a sponsored article by
''.