2020年7月21日、アウディ ジャパンは、Audi Sportが手がけるハイパフォーマンスモデルの「Audi RS 3 Sportback」と「Audi RS 3 Sedan」の装備を充実させ、2年ぶりに販売すると発表した。

画像1: 「Audi RS 3」が2年ぶりに復活

今回導入される仕様は、特別装備として、マトリクスLEDヘッドライト、フロントダイナミックターンインディケーター、マットアルミニウムスタイリングパッケージを装着。また、インテリアには、ファインナッパレザーダイヤモンドステッチングのRSスポーツシート、レッドアクセントリング付きエアコン吹き出し口、レッドステッチ入りフロアマットが標準に。サスペンションにはアウディマグネティックライド(電子制御可変ダンパー)が装着されます。

ボディカラーは、新色のキャラミグリーンのほか、ナルドグレー、グレイシアホワイトメタリック、ミトスブラックメタリックの4色を用意します。

Audi RS 3 Sportbackが8月18日、Audi RS 3 Sedanは9月15日からの販売で、価格は、Audi RS 3 Sportbackが850万円、Audi RS 3 Sedanが869万円。

(Text by Satoshi Ubukata)

This article is a sponsored article by
''.