2021年5月12日、フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、マイナーチェンジした「ティグアン」を発売した。

画像1: マイナーチェンジした「ティグアン」が日本発売

今回のマイナーチェンジでは、新デザインのヘッドライトやラジエターグリルなどによりフロントマスクを一新するとともに、リヤビューではVWエンブレムの下に「TIGUAN」のバッジを配したり、テールライトやリヤバンパーのデザインを変更することで、印象をがらりと変えている。

インテリアでは、エアコンのコントロールにタッチパネルを採用したり、タッチコントロールを用いたマルチファクションステアリングホイールを搭載するなどデジタル化を強化している。インフォテインメントシステムには「We Connect」が利用可能な最新世代のMIB3を採用し、ディスプレイオーディオの「Ready 2 Discover」またはナビゲーションシステムの「Discover Pro」が設定される。

パワートレインは、110kW(150ps)の1.5L直列4気筒直噴ターボエンジンを採用。組み合わされるトランスミッションは7速DSGにになり、前輪を駆動する。

従来の“Traffic Jam Assist”を進化させた、同一車線内全車速運転支援システム“Travel Assist”を全車に標準装着。また、LEDマトリックスヘッドライト“IQ.LIGHT”は、エントリーグレードのTSI アクティブを除いて標準となる。

ハーマン・カードンのプレミアムサウンドシステムはオプション。10スピーカーと16チャンネル、480Wアンプにより臨場感あふれるサウンドが楽しめる。

ラインアップは、エントリーグレードの「TSI アクティブ」に加えて、充実した装備の「TSI エレガンス」、スポーティな内外装の「TSI R-Line」が用意される。

さらに、新型ティグアンの導入記念特別仕様車の「TSI ファーストエディション」を設定。TSI エレガンスをベースに、専用のツートーンレザーシートとウッドパネル、ブラックルーフライニング、19インチアルミホイール、アダプティブシャシーコントロール“DCC”を標準装着とした。

加えて、フォルクスワーゲンのSUVとしては初となる「ティグアンR」を2021年後半に発売する。235kW(320ps)の2.0 TSIエンジンを搭載するとともに、トルクベクタリング機能を備える専用の4MOTIONを採用する。

画像6: マイナーチェンジした「ティグアン」が日本発売

価格は以下のとおり。

  • TSI アクティブ……409万9000円
  • TSI エレガンス……483万9000円
  • TSI ファーストエディション……524万9000円
  • TSI R-Line……503万9000円
  • R……684万9000円
画像7: マイナーチェンジした「ティグアン」が日本発売

(Text by Satoshi Ubukata)

This article is a sponsored article by
''.