180130-GTI-04.jpgゴルフGTIクラブスポーツに標準のアルカンターラ ステアリングホイール。カッコいいけど、手入れが大変そう!?
レーシングカーやスポーツカーではおなじみのアルカンターラ巻きステアリングホイール。ゴルフGTIクラブスポーツにも標準で装着されています。

見た目のカッコ良さに加えて、手触りの良さ、そして、寒い日にはステアリングホイールを握った瞬間に冷たくないのもうれしい点です。

しかし、ただでさえ経年変化が目立つステアリングホイールですから、ふつうのレザー以上に劣化が激しそう。冒頭の写真はほぼ新車時のステアリングホイールですが、1年落ち、走行距離約8,000kmで入手した私の愛車の場合は、下の写真のようにアルカンターラがすでに少し白っぽくテカっていて、先行きが不安です。

180130-GTI-03.jpg
というわけで、メインテナンスをしようと思い、さっそくネットをチェック! すると、イタリアの180130-GTI-11.jpg
ブラシをかけただけでも、ぺたっとしていた起毛が少し起きてきました。そして次にぬるま湯で濡らしたガーゼで軽く表面を拭いていきます。

180130-GTI-12.jpg
そして乾いたら、もう一度軽くブラッシングします。

「これだけ?」と思うかもしれませんが、さすがに新車の風合いは戻らないまでも、汚れやテカりがあまり気にならなくなりました。手触りもふわっとした感じに。

これから暖かくなると手の汗がステアリングホイールに付着しそうなので、今後ますますメインテナンスが欠かせなくなりますね。

(Text by S.Ubukata)

This article is a sponsored article by
''.