180424-Cacazan-1.jpgサーキットを走るとき以外は「手に汗握る」ようなドライビングはしない私ですが、落ち着いて運転していてもアルカンターラ巻ステアリングホイールを握る手は汗ばみます。

これからの季節、ますます気になってくるので、ドライビングローブを手に入れることにしました。

ゴルフGTIクラブスポーツを購入して以来、ドライビングローブを購入したいと思っていたのですが、いつもの「180424-Cacazan-2.jpg
CACAZANについては180424-Cacazan-4.jpg
180424- Cacazan-5.jpg
ここからは、セミオーダーにより自分だけのドライビンググローブをつくっていきます。まずはサイズを決めます。CACAZANのグローブサイズにはSS、S、M、L、LLの5種類があり、「ハーフフィンガーは取り外しを考えて、少し大きめがいいですよ」という出石代表のアドバイスにしたがい、実際にサンプルを着用してMサイズをチョイス。

このあと、表皮や裏地、ステッチの色など、出石代表のお話を参考にして、あれこれ悩みながら決めていきました。このプロセスが実に楽しい。

さらに、出石代表からは「アルカンターラ巻ステアリングホイールなら、掌の部分にスウェードの"補強あて"をつけるといいですよ!」というアドバイスがあったので、さっそく追加しました。

180424-Cacazan-3.jpg
セミオーダーということで、通常出来あがりまでに1〜2カ月かかるということですが、果たしてどんな"マイグローブ"に仕上がるのか、どうぞお楽しみに!

なお、LE GARAGEのドライビンググローブフェアは5月6日まで開催しています。ご興味のある方は、この機会にぜひ!

(Text by S.Ubukata)

This article is a sponsored article by
''.