2022年1月17日、アウディ ジャパンはプレミアムコンパクトSUVタイプの電気自動車「Audi Q4 e-tron」「Audi Q4 Sportback e-tron」を発表した。発売は2022年秋以降を予定している。

画像1: 「Audi Q4 e-tron / Q4 Sportback e-tron」を発表

「Audi e-tron / e-tron Sportback」「Audi e-tron GT」に次ぐ第3の電気自動車となるAudi Q4 e-tronシリーズは、フォルクスワーゲン グループが開発する「MEB(モジューラーエレクトリフィケーションプラットフォーム)」を採用するコンパクトSUVタイプの電気自動車。エクステリアはQファミリーと共通の8角形のシングルフレームグリルを採用。マトリクスLEDヘッドライトには、量産車初となる4つのデザインが選択可能なデジタルデイタイムランニングライトを搭載する。

Audi Q3とAudi Q5のあいだに位置するコンパクトなボディながら、室内空間はQ5を凌ぐ、広いスペースを確保している。

Audi Q4 e-tron / Q4 Sportback e-tronには、最新デザインのデジタルコックピットを採用。10.25インチの液晶メーターと、最大11.6インチのMMIタッチディスプレイを搭載する。

ステアリングホイールはAudiとして初となる上下ともフラットなデザインを採用。シフトスイッチやスタートボタンなどは、宙に浮くようなデザインの操作パネル上に配置され、Audi Q4 e-tronの新しさをアピールしている。

オプションで用意されるヘッドアップディスプレは、AR(拡張現実)により、実際の風景にルート案内情報などを表示することが可能だ。

画像2: 「Audi Q4 e-tron / Q4 Sportback e-tron」を発表

ボディタイプはSUVタイプのQ4 e-tronと、SUVクーペスタイルのQ4 Sportbck e-tronの2タイプを設定。ともに総容量82kWh(実容量77kWh)の駆動用バッテリーを前後アクスルの床下に収納するとともに、リヤアクスルに駆動用モーターを1基(最高出力150kW/最大トルク310Nm)を搭載する後輪駆動を採用する。航続距離は516km(欧州値)を達成する。

CHAdeMO規格の急速充電は125kWに対応。一方、200Vの普通充電は標準が3kW、オプションで8kWまで利用可能。

ラインアップと価格は以下のとおり。

  • Q4 40 e-tron……599万円
  • Q4 40 e-tron advanced……662万円
  • Q4 40 e-tron S line……689万円
  • Q4 Sportback 40 e-tron advanced……688万円
  • Q4 Sportback 40 e-tron S line……716万円

Audi Q4の発表は「Audi New Year Press Conference 2022」のなかで行われ、アウディ ジャパンでブランドディレクターを務めるマティアス・シェーパース氏は「ナンバーワン プレミアムBEVブランド」となるべく、2024年までにBEV15モデル以上を導入し、2025年にはBEV比率を35%、10000台以上の販売を目指すと語った。

画像3: 「Audi Q4 e-tron / Q4 Sportback e-tron」を発表

e-tronシリーズの拡販に向けて、インフラ整備についても言及。現在、正規ディーラーでは、90kW充電器が8拠点、50kWが42拠点にあるが、2022年第3四半期以降にはさらに150kW充電器の設置を52拠点に増やす。加えて、フォルクスワーゲン グループ傘下のブランドと連携し、急速充電ステーションを250店舗以上とする予定だ。

アウディ ジャパンは、「Audi Q4はいろいろなお客様が興味を持ち、購入できるモデル」と位置づけ、e-tron戦略の柱としたい考えだ。

(Text & photos by Satoshi Ubukata)

This article is a sponsored article by
''.