2021年1月13日、アウディ ジャパンは、次世代型ブランドストア「Audi House of Progress Tokyo」において「Audi New Year Press Conference 2021」を開催した。

画像1: 「Audi New Year Press Conference 2021」を開催

Audi House of Progress Tokyoは、Audiによって全世界展開されるブランドストア「House of Progress」の第一弾。

その概要は上記のニュースをご覧いただくとして、オープン前日となる1月13日にはメディア関係者に内部が公開された。

注目すべきは、コンセプトカーの「Audi Q4 Sportback e-tron concept」が日本初公開となったことだ。このコンセプトカーはしばらく展示され、その後、ニューモデルの「Audi e-tron GT」へ入れ替えが予定されている。

また、同日発表された「Audi e-tron 50 quattro」もお披露目となった。

プレスコンファレンスでは、フィリップ・ノアック社長からアウディ ジャパンの2020年の販売実績が紹介され、プレミアムブランドが平均で15%落ち込んでいるなか、アウディ ジャパンは22,304台で8%減に留まり、健闘していることをアピール。2021年は、すでに発表済みの「Audi A5シリーズ」のマイナーチェンジに加えて、新型「Audi A3シリーズ」の導入、「Audi Q2」のマイナーチェンジ、「Audi Q5」のマイナーチェンジおよび「Audi Q5 Sportback」の追加を予定しており、3万台超えへの自信を覗かせた。

また、市販版の「Audi Q4 Sportback e-tron」については、10カ月から18カ月以内に導入すべく、現在準備を進めているとのこと。さらに、Audi e-tron GTの日本導入を予定していることも明らかになった。

画像7: 「Audi New Year Press Conference 2021」を開催

(Text by Satoshi Ubukata)

This article is a sponsored article by
''.