2021年1月13日、アウディ ジャパンは「Audi e-tron 50 quattro」と「Audi e-tron Sportback 50 quattro」を追加し、同日より販売を開始した。

画像1: 「Audi e-tron 50 quattro」を追加発売

今回追加されたのは、バッテリ搭載量が少ない「e-tron 50 quattro」。従来のe-tron 55 quattroが95kWhのバッテリー容量を搭載し、システム最高出力300kW、システム最大トルク664Nmであるのに対し、このe-tron 50 quattroは容量が71kWh、システム最高出力が230kW、システム最大トルクが540Nmと控えめな性能になる。

一充電走行距離はe-tron 55 quattroが最大405kmであるのに対し、e-tron 50 quattroでは最大316kmとなるが(ともにWLTCモード)、そのぶん価格と車両重量が抑えられる。

e-tron 50 quattroの追加を機に、SUVクーペスタイルのAudi e-tron Sportbackに加えて、SUVらしいデザインのAudi e-tronが登場。荷室容量はSportbackの616Lに対して660Lの広さを誇る。

価格とラインアップは次のとおり。

  • Audi e-tron 50 quattro……933万円
  • Audi e-tron 50 quattro advanced……1,069万円
  • Audi e-tron 50 quattro S line……1,108万円
  • Audi e-tron Sportback 50 quattro S line……1,143万円

(Text by Satoshi Ubukata)

This article is a sponsored article by
''.