2024年7月3日、フォルクスワーゲン ジャパン(VWJ)は、2024年1月にマイナーチェンジした「Golf」「Golf Variant」を国内発表し、2024年9月から予約注文を開始する。デリバリー開始は2025年1月を予定している。

画像1: VWJがマイナーチェンジ版「Golf」を発表

1974年にデビューして以来、グローバルで3700万台以上、日本でも100万台以上を販売したフォルクスワーゲンの主力モデルがGolf。現行型の8代目は2019年10月に登場し、2021年には日本上陸を果たしている。その最新版である、いわゆる“Golf8.5”が、ついに日本でもお披露目になった。

Golf8.5は、より直線的なデザインになったヘッドライトや新デザインのテールライトなどを採用したことに加えて、フロントグリルにイルミネーション付きのVWエンブレムを初めて採用したのが特徴。LEDマトリックスヘッドライトのIQ.LIGHTには、新たに照射距離500mを誇るハイパフォーマンスビームが搭載され、夜間の視界が格段に向上されるという。

画像2: VWJがマイナーチェンジ版「Golf」を発表

室内は、ダッシュボード中央のタッチパネルがこれまでよりひとまわり大きな12.9インチになったのに加えて、空調やドライビングプロファイルなどがコントロールパネル上段のソフトスイッチで簡単に操作できるようになった。モニター下部にはエアコンの温度設定と音量調節用のタッチスライダーが残っているが、イルミネーションが搭載されたことで夜間の使い勝手が大幅に向上している。

従来、上級グレードのステアリングホイールにはタッチスイッチが採用されていたが、今回のマイナーチェンジを機に物理ボタンに変更。こちらも使い勝手向上の一環といえる。

画像3: VWJがマイナーチェンジ版「Golf」を発表

インフォテインメントシステムは最新版のMIB4に進化。「IDA(アイダ)」と呼ばれるボイスアシスタントにより、インフォテイメントやエアコンなど機能が操作できる。

パワートレインは、ガソリンエンジンと48Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わせたeTSIを、1L直列3気筒ターボの1.0 eTSIと1.5L直列4気筒ターボの1.5 eTSIの2タイプから、85kW/116psまたは110kW/150psの、出力の異なる2種類の1.5 eTSIに変更。トランスミッションは乾式単板クラッチタイプの7速DSGが組み合わされる。

スポーツモデルのGTIには、従来より20ps増の265psを発揮する2.0 TSIを採用。さらに、デュアルAdBlue噴射機構のツインドージングシステムを搭載する2.0 TDIクリーンディーゼルを引き続き用意する。GTIと2.0 TDI搭載モデルには、湿式多板クラッチタイプの7速DSGが採用される。

画像: Golf GTI

Golf GTI

サスペンションは、フロントが全車、マクファーソンストラットとなる一方、リヤは85kWの1.5 eTSIモデルがトーションビーム式、それ以外はマルチリンク式になる。

グレード展開は以下のとおり。

1.5 eTSI(85kW/116ps)
・Golf/Golf Variant eTSI Active Basic
・Golf/Golf Variant eTSI Active

1.5 eTSI(110kW/150ps)
・Golf/Golf Variant eTSI Style
・Golf/Golf Variant eTSI R-Line

2.0 TDI(110kW/150ps)
・Golf/Golf Variant TDI Active Basic
・Golf/Golf Variant TDI Active Advance
・Golf/Golf Variant TDI Style
・Golf/Golf Variant TDI R-Line

2.0 TSI(195kW/265ps)
・Golf GTI

なお、価格および「Golf R」や「Golf R Variant」の導入については、現在、ドイツ本社と調整中とのことで、情報が入り次第お伝えする。

(Text by Satoshi Ubukata / Photos by Satoshi Ubukata, Volkswagen Japan)

This article is a sponsored article by
''.