2021年4月22日、フォルクスワーゲンが6代目ポロのマイナーチェンジを発表した。

画像: 「ポロ」がマイナーチェンジ

新しいポロはフロントマスクを一新。端正なデザインのLEDヘッドランプと、デイタイムランニングライトを結ぶようにフロントグリルを走るライトストリップが、新世代のフォルクスワーゲンデザインであることをアピールする。LEDマトリックスヘッドライト“IQ.LIGHT”が選べるようになったのも新しい。

LEDリヤコンビネーションライトは2分割タイプとなり、テールゲート側にも配置されることでワイドな印象を与えている。

インテリアでは、ステアリングホイールや空調パネルのデザインがリニューアル。8インチディスプレイを備えたデジタルインストルメントクラスターと6.5インチの“Composition Media”が標準で装着され、上級グレードには10.25インチのデジタルコックピットプロと8インチの“Ready2Discover”が搭載される。

ドライバーアシスタンスシステムでは、“Traffic Jam Assist”を進化させた、同一車線内全車速運転支援システム“Travel Assist”が搭載可能となるなど、上級モデルに迫る装備を手に入れることになった。

(Text by Satoshi Ubukata)

This article is a sponsored article by
''.