2019年11月27日、フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、コンパクトSUVの「T-Cross」の日本導入を発表。導入記念特別仕様の「T-Cross 1st」と、さらに装備を充実させた「T-Cross 1st Plus」の受注を同日より開始した。

画像1: 「T-Cross」を発表

T-Crossは、フォルクスワーゲン グループのSUVのなかではもっとも小さいSUV。フォルクスワーゲン グループの生産モジュール「MQB」を用いて仕立て上げられている。

ボディサイズは、全長4115×全幅1760×全高1580mmで、現行「ポロ」に比べて全長は55mm、全幅は10mm大きいだけだが、見た目の印象はサイズ以上に存在感がある。

エクステリアは、上級モデルの「ティグアン」との関連性を強く感じさせるフロントマスクなどにより、ひとめでフォルクスワーゲンとわかるデザインになっている。LEDヘッドライトと一体化したワイドなラジエターグリルや、特徴的なフロントバンパー、その両サイドに埋め込まれたフォグライトなどが、SUVらしい力強さを表現する。

画像2: 「T-Cross」を発表

ボディサイドを水平に走る2本のキャラクターラインや、左右のLEDテールライトを結ぶブラックの“リフレクターバンド”もT-Crossのデザインを特徴づけている。

画像3: 「T-Cross」を発表

コックピットは、ポロに似たデザインを採用するが、着座位置はポロに比べて約100mm高く、SUVらしい視界の良さがうれしいところ。

画像4: 「T-Cross」を発表

ホイールベースはポロと同じ2550mmだが、分割可倒式のリヤシートに14cmのスライド機構が備わるなど、使い勝手の向上が図られている。

画像5: 「T-Cross」を発表

ラゲッジスペースは通常時が385〜455L、リヤシートを倒せば最大1281Lのスペースが確保される。荷室のフロアは必要に応じて低い位置に設定することも可能で、ボディサイズから想像する以上に室内には余裕がある。

画像6: 「T-Cross」を発表

搭載されるエンジンは、85kW(116ps)/200Nm(20.4kgm)を発揮する1L直列3気筒直噴ターボで、7速DSGを介して前輪を駆動する。燃費は、JC08モードが19.3km/L、WLTCモードが16.9km/Lである。

VGJでは、通常モデルに先がけて、導入記念特別仕様のT-Cross 1stとT-Cross 1st Plusを販売する。

画像7: 「T-Cross」を発表

T-Cross 1st、T-Cross 1st Plusのいずれにも、アダプティブクルーズコントロール“ACC”やリヤビューカメラ、駐車支援システム“Park Assist”、ブラインドスポットディテクション、プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”、デイタイムランニングライト、純正インフォテインメントシステム“Discover Pro”、スマートフォン ワイヤレスチャージングといった装備が標準で装着される。

T-Cross 1st Plusにはさらに、ドアミラーやアルミホイール、インテリアを、オレンジ、グリーン、ブラックでコーディネートする「デザインパッケージ」を採用。また、シルバールーフレール、18インチアルミホイール、パドルシフト、インテリアアンビエントライト、レーンキープアシスト“Lane Assist”、ハイビームアシストなどが装着される。

ボディカラーは新色のマケナターコイズメタリックやダークペトロールを含む8色を用意する。価格はT-Cross 1stが299万円、T-Cross 1st Plusが335万9000円。納車は2020年1月以降を予定している。

なお、通常モデルの仕様や価格、導入時期については、現時点では明らかにされていない。

画像8: 「T-Cross」を発表

発表会に登場したティル・シェア社長は、「クルマをアクティブなライフスタイルの一部にしたい人に乗ってほしい」と述べるとともに、ティグアン、T-Cross、そして、2020年半ばに導入を予定する「T-Roc」により、SUV攻勢を強めたいとのことだ。

画像: ティル・シェア社長(写真左)とゲストとして登場したモデルの三浦理志さん

ティル・シェア社長(写真左)とゲストとして登場したモデルの三浦理志さん

(Text by Satoshi Ubukata)

This article is a sponsored article by
''.