シリコン被膜により金属表面をコーティングすることで、フリクションを低減し、エンジンやギヤボックスを保護するREWITEC(レヴィテック)のプロダクト。そのテクノロジーについて、日本代理店であるテクニックグループ株式会社のミハエル・クルム代表に聞いた。

ミハエル・クルム氏といえば、ドイツや日本をはじめ、世界的に活動してきたドイツ人ドライバー。全日本F3選手権でシリーズチャンピオンを獲得するとともに、フォーミュラ・ニッポンや全日本GT選手権などでの活躍。2002年にはアウディでルマン24時間を戦い3位表彰台を獲得するなど、輝かしい戦績を誇っている。

そのクルム氏が代表を務めるテクニックグループ社が取り扱うのが、ドイツ・REWITEC社のエンジン専用コーティング剤の「PowerShot」とギヤボックス/デフ専用コーティング剤の「レヴィテックG5」だ。

画像: 日本でも人気の元レーシングドライバーのミハエル・クルム氏。はじめて運転したのは父のポルシェで、最初の買ったクルマはゴルフだったという。2002年にはアウディでルマン24時間の表彰台を獲得した。

日本でも人気の元レーシングドライバーのミハエル・クルム氏。はじめて運転したのは父のポルシェで、最初の買ったクルマはゴルフだったという。2002年にはアウディでルマン24時間の表彰台を獲得した。

クルム氏は、ドイツで活躍するレーシングドライバーの紹介でREWITEC社の商品を知ったが、「いわゆるエンジンオイル添加剤とは別のものと知り、ドイツのREWITEC社を訪れました。そして、商品を日本に持ち帰り、実際にその効果が確認できたことから、PowerShotとレヴィテックG5を取り扱うことにしたのです」と話す。

PowerShotやレヴィテックG5は、エンジンオイルやギヤオイルの性質を変えずに、シリコンコーティングにより金属表面を修復・保護することでフリクションを低減するというもの。コーティング剤に含まれるシリジウム(シリコン化合物)が、潤滑油とともにエンジンやギヤボックスのなかを循環する際、エンジンならクランクシャフトやカムシャフト、トランスミッションならギヤの部分といった、熱と摩擦が発生する場所にシリコンコーティングを形成。これによりエネルギー損失の原因となるフリクションが軽減され、油温や各パーツの温度上昇を抑制したり、各パーツの摩耗が軽減されるため、高効率化と長寿命化が図られるという。

画像1: 【REWITEC】コーティングによりエンジンやギヤボックスを保護するという新発想

一方、潤滑剤の性能には変化がなく、また、必要な場所以外にシリコンコーティングが形成されることはない。

下の写真は、REWITECによるシリコンコーティングを行う前後の写真で、左下の写真のように傷ついた金属表面が、右下の写真のように凹凸の少ない滑らかな状態に変化している。

マンハイム大学トライボロジーセンターによる実験では、金属表面の粗さが50%減少。これにともない、金属表面の摩擦が33%減少し、ギアボックス内の温度が20%下がるという結果が得られたという。

クルム氏が日本国内で独自に行ったテストでは、PowerShotの使用により、エンジンパワーが280psから297psに、最大トルクも35.471kgmから37.015kgmに向上したという(NISSAN R32 GT-Rの場合。効果は車両の状況により異なります)。

画像2: 【REWITEC】コーティングによりエンジンやギヤボックスを保護するという新発想

最高出力や最大トルク以外の部分でも、PowerShotの効果は体感できるという。「アクセルペダルを踏んだ瞬間の力強い加速やレスポンスの良さ、燃費の向上など、いつもと違う走りが味わえるはずです」とはクルム氏。「PowerShotやレヴィテックG5は、どんなクルマでも使用可能です。クルマを大切にしたい人、航行距離が長い人など、クルマを長く楽しみたい人にお勧めします」。

画像3: 【REWITEC】コーティングによりエンジンやギヤボックスを保護するという新発想

PowerShotは使い方も簡単。暖機後、エンジンオイルの給油口から必要な量を注入し、約15分走行するだけ。

エンジン排気量と必要なPowerShotの量は以下のとおり。

  • 〜1000cc:PowerShot S×1
  • 1001〜1500cc:PowerShot S×2
  • 1501〜2500cc:PowerShot M×1
  • 2501〜3500cc:PowerShot L×1
  • 3501〜4500cc:PowerShot L+PowerShot S
画像4: 【REWITEC】コーティングによりエンジンやギヤボックスを保護するという新発想

一方、マニュアル/オートマチックトランスミッションに効果を発揮するレヴィテックG5は10mlで5Lまでのオイルに対応。ただし、エンジンオイルのように簡単には注入できない場合が多いので、作業は専門ショップに依頼するのがお勧めだ。

画像5: 【REWITEC】コーティングによりエンジンやギヤボックスを保護するという新発想

どちらも、注入後、1500km程度の走行でコーティングが最大の効果を発揮するようになるので、それまではオイル交換は行わないこと。また、PowerShot、レヴィテックG5は通常の走行で約50,000km効果が持続するが、スポーツ走行などを行うユーザーの場合は、約10,000kmまたは1年で、初期の2分の1を追加することで、効果が持続するそうだ。

シリコンコーティングによりエンジンやギヤボックスを保護するという新発想で注目のREWITEC。エンジンの性能を引き出したい人、クルマを長く大切に乗りたい人、燃費を向上させたい人に、ぜひお勧めしたいプロダクトだ。

画像: ミハエル・クルムが語るREWITEC(レヴィテック) youtu.be

ミハエル・クルムが語るREWITEC(レヴィテック)

youtu.be

■関連リンク
REWITEC

This article is a sponsored article by
''.