情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2012年12月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

RSSフィード

最新モデルイッキ乗り!〜前編
121206-VW-2.jpg常に進化するフォルクスワーゲンを、オールラインアップ試乗会で確認。

まずはポロGTIとザ・ビートルをチェック!


121206-VW-3.jpg左の写真を見て、「おっ、2013年モデルのポロGTIだ!」とわかる人は、かなりの通! あるいはポロGTIオーナーに違いありません(笑)

僕自身はこのニュースを書いているのでホイールが変わったのは知っていたものの、実物を目の当たりにしても、「いったいどこが変わったの?」という状況です。
聞けば、これまでのホイールは穴の内側がシルバーでしたが、2013年モデルからはブラックに塗装されています。ひと手間多くかかっているというわけです(笑)。

以上、2013年モデルのポロGTIでした!......というのもなんなので、箱根の山をひとっ走りしたんですが......2012年モデルよりもさらに乗り心地が良くなっている!

日本に導入された当時は、スポーティな走りは良かったけれど、街乗りにはちょっと硬いな......という印象だったがポロGTI。それが、2012年モデルになって乗り心地が少しマイルドになり、これなら街乗りでも大丈夫......という印象でした。

そして、2013年モデルでさらに乗り心地が改善。これだから、最新モデルのチェックは欠かせません。2012年モデルのオーナーさんは、くれぐれも試乗しないように(笑)

121206-VW-9.jpg
一方、こちらはザ・ビートル。up!と並び、2012年にデビューした話題のフォルクスワーゲンです。日本ではまずレザーシート仕様の「ザ・ビートル デザイン レザーパッケージ」が発売され、遅れてこのファブリックシート仕様の「ザ・ビートル デザイン」が発売になりました。

もちろん、両者の違いはシートですが、それ以外にもタイヤ&ホイールが17インチ(215/55R17)から16インチ(215/60R16)に変わっていたり、ステアリングからシフトパドルがなくなっていたり、エアコンがマニュアル式になっていたりと、装備内容がいろいろ変更されています。バイキセノンヘッドライトがオプションというのも見落とせないところです。

でも、価格がザ・ビートル デザイン レザーパッケージの303万円に対し、250万円というのはとても魅力的です。オプションのバイキセノンヘッドライトを付けても262万6000円ですから。

121206-VW-10.jpgさっそく試乗しましたが、タイヤとホイールが16インチに変わっただけで、かなり印象が違います。当然、乗り心地が改善され、バネ下のドタバタがかなり抑えられています。そのせいか、軽快感もアップ! サターンイエローのボディもキュートで、試乗会場に戻さず、そのまま乗って帰りたくなりました(笑)
この日はクロストゥーランと、ティグアンTSIブルーモーションにも試乗しましたが、そのレポートは後編で!

(Text by S.Ubukata)

■ 関連記事