情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2012年12月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

RSSフィード

最新モデルイッキ乗り!〜後編
121206-VW-6.jpg歳末恒例(!?)、フォルクスワーゲン オールラインアップ試乗会レポートの後編は、11月に発売になったばかりの「クロストゥーラン」とFFの「ティグアン」です。



SUVテイストのエクステリアを手に入れたコンパクトミニバンが「クロストゥーラン」。2011年の東京モーターショーで見たときには「でかいなぁ」と思いましたが、あらためて外で見ると、さほど大きく感じません。

それでも、ブラックのホイールエクステンションやゴツいアルミホールを装着するおかげで、いつものゴルフトゥーランよりも存在感があります。

ゴルフトゥーランTSIハイラインより9万円高いだけで、専用のアイテムと最新の純正ナビが付いてしまうクロストゥーラン。なかなかお買い得な内容ですが、やはり気になるのはその走り。地上高が10mm上がり、フロントに215/50R17タイヤ+6.5J×17アルミホイール、リアに235/45R17タイヤ+8J×17アルミが付く影響はどうなのか、さっそく試してみることに......。

121206-VW-7.jpg
121206-VW-8.jpg硬い乗り心地を期待していたのですが(!?)、思ったよりも硬くなくて、十分快適です。インチアップされたタイヤ&ホイールも、気になるほどドタバタしません。10mmの車高アップも、走りへの悪影響はほとんどなし。すでに何台もクロス○○を世に送り出しているフォルクスワーゲンだけに、そのあたりはしっかり学習してますね(笑)
一方、ロードノイズが大きめなのが気になりました。タイヤが太いからなのか、試乗車のタイヤが痛めつけられているからなのかはわかりませんが......。マイナスポイントはそのくらいで、見慣れたゴルフトゥーランがこんなにスタイリッシュに変身していることを考えると、クロストゥーラン、かなり魅力的です!

そして最後は、コンパクトSUVのティグアンに追加されたエントリーグレード「ティグアンTSIブルーモーションテクノロジー」です。

SUVのデザインや使い勝手の良さ、そして、高いアイポイントがもたらす運転のしやすさは魅力的だけど、4WDじゃなくてもいい......と考える人は少なくないようで、実際、このクラスのFF比率は5割を超えるといいます。

それに、FFなら軽くて燃費もいい......というわけで、導入されたのがこの"FF"のティグアンなのです。4MOTION(フルタイム4WD)のティグアン 2.0 TSI R-Line 4MOTIONが直噴ターボの2.0 TSIを搭載するのに対し、こちらはツインチャージャーの1.4 TSIを搭載。車両重量は4WDよりも100kg軽い1540kg。その結果、JC08モード燃費は、2.0 TSIの11.5km/Lを27%も上回る14.6km/Lをマーク、エコカー減税(75%減税)の対象になりました。

121206-VW-4.jpg
121206-VW-5.jpgさっそく走らせると、その軽さが際だちます。2.0 TSIに比べて、パワー/トルクで劣る1.4 TSIですが、出足から軽快で、とても力強い。走り出してからも、実にパワフルです。それ以上に、クルマの動きが軽快で、走りの楽しさは4MOTIONモデルより、むしろこちらのほうが上でしょう!
しかも、価格が魅力的ですから、「どうしても4WDでないと......」という方でなければ、良い選択肢になるのでは? ゴルフヴァリアントを検討中という方も、購入候補に加えてみる価値はありそうですよ!

(Text by S.Ubukata)

■ 関連記事