情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2017年1月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Author:横川 謙司

1969年生まれ。コピーライターにして水冷VWミニカー博物館の館長。今まで自分で所有したクルマはすべてゴルフという大のゴルフフリーク

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

RSSフィード

Golfgang Nr.208
170124-Ken-01.jpg
■ Golf

■ 1/43 (Spark)

■ 1/24 (Tamiya)

小さな方は市販のレジンモデル、大きい方はプラモデルを組み立てたものです。

1970年代後半、グループ2というレースに出ていたゴルフがモデルになっています。G2レースは「4座席を持つ市販車」をベースとし、あまり大きな改造は許されていなかったとのこと。

タミヤは、組み立て説明書に非常に詳しい実車の解説を載せていて、車輛への理解を深めて組み立てられるように配慮されています。
170124-Ken-02.jpg
それによるとこのゴルフは、1578cc、最高出力173馬力!カーマイによるFRP製のオーバーフェンダー、スポイラーが勇ましいです。またモーターで走らせることができるようになっているのがこの当時のプラモらしい。

プロポーションはさすがタミヤ、大変かっこよいです。このキットは長い間絶版になっていましたが、再販されています。

一方のレジンモデルはSparkブランドの精密品。パッケージの情報によるとニュルブルクリンクの1000kmレース出場車輛のようです。ロールバーのある無骨なインテリアも素晴らしい仕上げ。特にレジンモデルはシャシーの表現を省略しているケースが多いのですが、このゴルフはきちんとサイド出しマフラーを再現。

170124-Ken-03.jpg
レーシングカーのミニチュアはカッコいいですが、ゼッケン違いなど集め始めると泥沼にハマりますのでご注意ください。

sei.jpg
◆ das kleine Golfgang(ダス クライネゴルフガング)は、ゴルフのミニカー、"Golf玩具"にまつわるコラム。1974年に実車が誕生して以来、古今東西で作られてきたゴルフのミニカーたちの小さなボディに垣間見えるストーリーを、小さく紹介しています。101回目以降、ゴルフ以外の水冷VWも紹介していきます。
トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/3755

■ 関連記事