情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2012年3月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

RSSフィード

【長期テスト】カッチリボディを手に入れた!
120326-cpm-3.jpgスポーツモデルにとって、ボディ剛性のアップはハンドリング性能向上の近道。そこで、8speed.netのゴルフGTIにボディ剛性向上のためのアイテムを装着してみた。

(撮影協力:TOYO TIRESターンパイク

ゴルフ用のボディ補強パーツとしていまや定番なのがcpmの「LowerReinforcement(ロワーレーンフォースメント)」。ボディ加工なしで手軽にボディ剛性アップが図れるのが人気の秘密である。

120326-cpm-11.jpgそのLowerReinforcementに新たに加わったのが「Type2 Stiffer」だ。プロダクトインフォメーションで紹介しているとおり、これまでのType1 Standardよりもさらに高いボディ剛性を実現するもので、スポーツドライビングを楽しむユーザーには待望の新商品といえる。
120326-cpm-2.jpgそこで今回はこのType2 StifferをゴルフGTIに装着することにした。作業はイシカワエンジニアリングで行ったが、純正のブレース2個を取り替えるだけ、という手軽さだ。
取り付け後、さっそく走らせると、ボディ剛性の高さにびっくりする。そもそもゴルフGTIのボディ剛性は高く、カッチリとした印象だが、それに輪をかけてボディが引き締まっているのだ。その違いは、ほんの少し走っただけでわかってしまうほどのレベルだ。

LowerReinforcement Type2 Stifferを取り付けたことで、微少な路面の荒れを拾いやすくはなってはいるが、少なくとも8speedのゴルフGTIの場合は不快なレベルではない。サスペンションがストロークするような入力に対しては、硬さが増すということはないので、乗り心地も快適さを保ったままだ。

そのあと向かったのは「TOYO TIRESターンパイク」。ゴルフGTIを走らせるには格好のステージだ。
 
120326-cpm-6.jpg
120326-cpm-4.jpg走り慣れたコースで試してみると、コーナリングの「キレ」が一段とアップしているのがわかる。ステアリング操作に対して、間髪入れずにクルマが向きを変えていくのだ。
120326-cpm-5.jpgこの日は、ゴルフGTIにType1 Standardを装着しているというオーナーさんにも8speedのGTIを試してもらったのだが、「とくにリアのしっかり感がアップしている印象です」「街乗りでも全然問題ないですね!」とのことだった。
これだけの効果があって、2万7300円というのはコストパフォーマンス高過ぎ! チューニングの第一歩として絶対オススメのアイテムといえるだろう。

 (Text by S.Ubukata)

■ 関連記事