情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2017年9月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

RSSフィード

【S耐 Rd.5 富士】ゴルフGTI TCRがポール・トゥ・ウィン!
170903-6-Race-2.jpg2017年9月3日、静岡県の富士スピードウェイにおいて、スーパー耐久シリーズ2017第5戦「富士SUPER TEC」10時間レースの決勝が行われ、#10 Racingline PERFORMANCE GOLF TCRは、ポール・トゥ・ウィンを果たした。

※ギャラリーはこちら

TCR車両を対象とした「ST-TCR」クラスには、「ゴルフGTI TCR」が1台、「アウディRS 3 LMS」が2台、そして、「ホンダ・シビック タイプR」が2台の計5台が参加。ゴルフGTI TCRは、第3戦の鈴鹿から参戦しているAdenau(アデナゥ)が走らせている。

今回は10時間の長丁場ということで、AドライバーのPhilippe Devesa選手、Bドライバーの密山祥吾選手に、レーシングドライバーの脇阪寿一選手が加わり、レース前から注目を集めることとなった。

170902-1-Pit Walk-3.jpg
決勝前日の2日には予選が行われた。予選はAドライバー、Bドライバーごとに15分走行し、A/Bドライバーのベストラップの合計タイムでスターティンググリッドが決まる。

#10 Racingline PERFORMANCE GOLF TCRは、AドライバーのDevesa選手が1分52秒922、Bドライバーの密山選手が1分52秒026をマークし、ベストラップの合計がトップとなりポールポジションを獲得した。

ST-TCRクラスの予選結果は以下のとおり。

1 #10 Racingline PERFORMANCE GOLF TCR Philippe Devesa/密山祥吾 3分44秒948
2 #45 LIQUI MOLY RS3 LMS 田ヶ原章蔵/白坂卓也 3分45秒122
3 #98 Modulo CIVIC TCR 黒澤琢弥/石川京侍 3分45秒504
4 #97 Modulo CIVIC TCR 伊藤真一/幸内秀憲 3分46秒555
5 #19 BRP Audi Mie RS3 LMS 奥村浩一/秋吉 圭 3分47秒299

170902-2-Qualify-3.jpg
決勝当日、富士スピードウェイは朝から夏らしい晴天に恵まれた。57台が参加するレースはローリングスタートにより戦いの火蓋が切られる。

スタート直後、#98 Modulo CIVIC TCRにトップを奪われた#10 GOLF TCRのDevesa選手だったが、程なくしてトップに浮上しリードを築いていく。

170903-5-Start3.jpg
その後も、ピットストップのたびに一度はトップの座を明け渡すものの、交替した密山選手、脇阪選手がライバルを上回るペースで周回を重ね、トップに返り咲く。

そして中盤、3度目のピットストップで脇阪選手からDevesa選手に交替したときには、トップのままコースに復帰するなど、レースは極めて順調に進んでいった。

170903-5-Start1.jpg
ところが、4度目のピットストップで密山選手に交替したあと、ST-3クラスのマシーンが#10 GOLF TCRのリヤホイールにヒット。幸いボディにダメージはなかったものの、「トウが大幅に狂ってしまい、ステアリングが90度ズレている状態で残りを走ることになりました」とは密山選手。

一方、ライバルたちもトラブルに見舞われ、優勝争いは#10 GOLF TCRと#19 BRP Audi Mie RS3 LMSの一騎打ちという状況になっていた。

5度目のピットストップで#10 GOLF TCRはタイヤに加えてブレーキパッドも交換。これに約7分を要した#10 GOLF TCRは#19 BRP Audi RS3の後方、約1分遅れでコースに復帰する。

トラブルを抱えながらも#10 GOLF TCRの脇阪選手は#19 BRP Audi RS3との差をじわじわと詰めていく。しばらくすると#19 BRP Audi RS3がコース上で単独スピンし、直後にピットストップ。さらにドライブスルーペナルティなどが重なり、#10 GOLF TCRはトップを獲得するとともに、2位との差を2周近くまで広げることになった。

170903-5-Start4.jpg
終盤はDevesa選手、そして密山選手が苦しい状況のまま走行を続ける。そして、レース終了まで30分を切ったところで、#10 GOLF TCRが予定外のピットストップ。狂ったアライメントがタイヤに偏摩耗を生じさせたため、タイヤ交換を余儀なくさせたのだ。

それでも、#19 BRP Audi RS3と5周の差を築いていた#10 GOLF TCRはトップのまま逃げ切り、10時間の耐久レースで勝利を収めた。

ST-TCRクラスの決勝結果は以下のとおり。

1 #10 Racingline PERFORMANCE GOLF TCR Philippe Devesa/密山祥吾/脇阪寿一
2 #19 BRP Audi Mie RS3 LMS 奥村浩一/秋吉 圭/山脇大輔/上野嘉三
3 #97 Modulo CIVIC TCR 伊藤真一/幸内秀憲/道上 龍/中野信治
4 #98 Modulo CIVIC TCR 黒澤琢弥/石川京侍/加藤寛規/吉田広樹

   #45 LIQUI MOLY RS3 LMS 田ヶ原章蔵/白坂卓也/竹田直人/新井敏弘

170903-5-Start5.jpg
レース後、脇阪選手は、「トヨタのドライバーがゴルフに乗るという、貴重な経験をさせてもらいました。10時間、壊れないクルマを用意してもらい、しっかりチームもサポートしてくれて本当にうれしい。ゴルフに乗ることで、あらためてトヨタの良さ、フォルクスワーゲンの良さを発見することができましたし、僕自身、思い切りレースを楽しませてもらいました」とコメントした。

170903-Podium-3.jpg
密山選手は、「前半は、後ろのアウディやシビックが近づいて来たら離す感じで、完全にコントロールするようなレースができました。一方、後半は、最後は2分で走るのもいっぱいいっぱいの状況で、ホントにヒヤヒヤしましたが、なんとか走りきることができました。最後までクルマがもってくれて良かったです。参戦2戦目にしてポールポジション、ファステストラップ、優勝が獲れたのはホントによかったし、うれしいです。こういう耐久レースで培った経験をゴルフのお客さまに絶対フィードバックできると思いますので、よろこびもひとしおです」と話した。

そして、次戦の岡山に向けては、「リヤをぶつけられたことで、ヒントも見つかったんです。それをみんなが考えてセットアップしていけば岡山も良いレースが出来るんじゃないかなと思います」と語る密山選手。脇阪選手も「僕がいなくてもたぶん勝ったと思いますけど(笑) とても素晴らしいチームでした。次のレースもまた彼らが勝つと思うので、いまから楽しみです」と述べるなど、次戦への期待を膨らませる結果となった。

170903-Podium-1.jpg
次戦の「スーパー耐久シリーズ2017 第6戦 岡山」は10月14日〜15日に開催される。

(Text & Photos by S.Ubukata)
トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/3881

■ 関連記事