情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2017年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

RSSフィード

「ゴルフGTI TCR」が富士スピードウェイでシェイクダウン
170510-GTI TCR-00.jpg2017年5月10日、Adenau/Racingline Japanは、スーパー耐久シリーズ第3戦鈴鹿ラウンドから投入する「ゴルフGTI TCR」のシェイクダウンを、富士スピードウェイで行った。

※ギャラリーはこちら

今シーズンからスーパー耐久シリーズに設定された「ST-TCR」クラスに、Adenau/Racingline JapanがゴルフGTI TCRで参戦するのはニュースでお伝えしたとおり

その注目のマシーンが、シェイクダウンのため、富士スピードウェイに姿を現した。

170510-GTI TCR-14.jpg
カラーリングが施されていないホワイトのゴルフGTI TCRは、ひと目でゴルフGTIとわかる特徴を持ちながらも、拡大された前後フェンダーや、フロントに大きく口を開けたエアインテーク、大型のリヤウイング、ワイド&ローを強調したプロポーションなどにより、市販車とは桁違いの迫力が漲っている。

170510-GTI TCR-13.jpg
この日の富士スピードウェイは朝からあいにくの空模様。午後には天候が回復する予報だったが小雨は上がらず、路面はウェットのコンディションが続く。

午後2時30分過ぎ、ゴルフGTI TCRがレインタイヤでピットアウト。レーシングコースを1周したところで、マシーンのチェックのためにそのままピットストップ。そして、本格的に周回を重ねていく。といっても、あいにくのコンディションのため、無理にペースを上げることはない。

170510-GTI TCR-20.jpg
それでも、ドライバーの密山祥吾選手からは、笑顔とともに「これは速そう!」という言葉が飛び出すほど、マシーンの仕上がりは上々のようだ。

その後も密山選手らがあわせて1時間半ほどを走り、この日のシェイクダウンは無事に終了した。

170510-GTI TCR-12.jpg
走行後、密山選手は、「イメージしていたよりもだいぶレーシングカー寄りにつくられていて、音もAudi R8 LMSよりも大きいくらいです。今日は雨の中で転がしただけですが、それでも動きがクイックで、非常に楽しみなクルマですね。一方、パワーは想像どおりで、もう少しパワーがあったら楽しいだろうなと思いましたが、TCRクラスということを考えれば、これはこれでバランスがよくとれています。アウディRS 3 LMSとシビック タイプRと良い勝負ができるんじゃないか......という手応えを感じました」と語った。

170510-GTI TCR-19.jpg
6月10日、11日のデビュー戦に向けては、「鈴鹿のレースまでにはドライで何度かテストをし、本番に向けてしっかりと準備を進めていきたいと思います」という密山選手。マシーンのカラーリングや給油システムの変更、そして、テストなど、やるべきことは山積しているそうが、ぜひ第3戦の鈴鹿ではアウディRS 3 LMSやシビック タイプRに一泡吹かせてほしいものだ。

170510-GTI TCR-15.jpg
(Text & Photos by S.Ubukata)
トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/3806

■ 関連記事