情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2016年6月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

RSSフィード

「パサートGTE」シリーズ発売
160607-Passat GTE-1.jpg2016年6月7日、フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、プラグインハイブリッド「GTE」の第2弾として、「パサートGTE」、「パサートGTEヴァリアント」を発表・発売した。

※写真は一部欧州仕様

2015年9月にプラグインハイブリッド車(以下PHEV)の「ゴルフGTE」を発売したVGJが、幅広い層にPHEVを提供するために投入したのが「パサートGTE」、「パサートGTEヴァリアント」だ。

ゴルフGTE同様、パサートGTEシリーズにもフロントグリルのブルーラインやC字型のLEDポジションライト、GTEのエンブレムが備わり、他のモデルとの差別化が図られている。

160607-Passat GTE-04.jpg
また、インテリアも、専用デザインのメーターパネルをはじめ、ステアリングホイールやシフトレバーにブルーのステッチが施されるなど、特別なモデルであることがわかるデザインになっている。

160607-Passat GTE-06.jpg
パワートレインは、156psの1.4 TSIと専用の6速DSG、そして、エンジンとトランスミッションに挟み込まれた116psの電気モーターの組み合わせ。この専用パワートレインにより、前輪を駆動する。

これらの使い方により、「Eモード」「ハイブリッドモード」「GTEモード」の3つの走行モードを用意。Eモードは、外部電源から充電可能な9.9kWhのリチウムイオンバッテリーの電気だけでEVとして走行するもので、最高速は130km/h、航続距離は最大51.7kmを達成する。これは、日本国内で販売されるセダン、ステーションワゴンタイプのPHEVとしては最長となる。

160607-GTE-23.jpg
ハイブリッドモードは、走行状況にあわせて電気モーター、エンジンを切り替えたり、両方を使ったりすることで効率的な走行を可能にする。バッテリーの電気が少なくなってもガソリンがあれば利用可能で、JC08モード燃費は21.4km/Lを達成する。

さらに、GTEモードでは電気モーターとエンジンのパフォーマンスを最大限に引き出すことで、スポーティな走りが楽しめる。0-100km/h加速は7.4秒だ。

ラインアップは標準仕様の「GTE」と上級グレードの「GTEアドヴァンス」を用意。GTEアドヴァンスには、日本初導入となるフルデジタルメーターの「アクティブ インフォ ディスプレイ」に加えて、ヘッドアップディスプレイ、アラウンドビューカメラ「エリアビュー」、ナパレザー製パワーシート、アダプティブシャシーコントロール「DCC」、235/45R18モビリティタイヤ+8J×18インチアルミホールなどが追加される。

価格は以下のとおりで、クリーンエネルギー自動車等導入対策費(10万8000円)の適用対象である。

パサートGTE......519万9000円
パサートGTEアドヴァンス......579万9000円
パサートGTEヴァリアント......539万9000円
パサートGTEアドバンス アドヴァンス......599万9000円

(Text by S.Ubukata)
トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/3632

■ 関連記事