情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2015年7月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のエントリー

過去の記事

RSSフィード

【試乗記】ゴルフ オールトラック
150729-Golf Alltrack-3.jpgゴルフシリーズに新たに設定されたクロスオーバー4WDステーションワゴン「ゴルフ オールトラック」を試乗。待望の4WDモデルの実力は?

「R32」や「R」を除けば、2代目「ゴルフ」の"シンクロ"を最後に日本での販売が途絶えていたゴルフの4WDモデルが、久しぶりに復活した。「ゴルフヴァリアント」をベースに、SUV風のエクステリアを纏う「ゴルフ オールトラック」である。

いわゆる"クロスオーバー"というジャンルに分類されるのだが、かつてゴルフには「クロスゴルフ」というクロスオーバーがあり、日本でも販売された時期があった。ベース車両が「ゴルフプラス」だった......というのはさておき、クロスゴルフがベースモデル同様、FFであったのに対し、このゴルフ オールトラックは4MOTION、すなわち、4WDを採用するのが大きく異なる点だ。

150729-Golf Alltrack-14.jpg
そんなゴルフ オールトラックの車両概要についてはニュースをご覧いただくとして、あらためて見るゴルフ オールトラックは、ゴルフ ヴァリアントよりもはるかに存在感があった。全高が25mm高く、さらに、コントラストカラーのフェンダーアーチモールや、アンダーガード風のデザインが施された前後バンパー/サイドスカードなどが効いているのだろう。

端正なスタイルのゴルフ ヴァリアントもいいけれど、元気でアクティブなゴルフ オールトラックは、私の目にはより魅力的に映った。

150729-Golf Alltrack-12.jpg
一方、インテリアにもオールトラック専用のアイテムが散りばめられている。その最たるが標準のファブリックシート。白のステッチと「ALLTRACK」のロゴがとてもスタイリッシュだ。

150729-Golf Alltrack-8.jpg
さらに、アルミ調のペダルクラスターや専用のデコラティブパネルなどにより、いつものゴルフ ヴァリアントとはちょっと違う雰囲気が楽しめる。

150729-Golf Alltrack-9.jpg
そして見逃せないのが「4MOTION」の文字だ。控えめに記されているとはいえ、4MOTIONの導入を待ち望んでいた人にはたまらないはずだ。ゴルフ オールトラックに搭載されるのは、最新のハルデックスカップリング(第5世代)により実現される4WDで、前輪駆動をベースに、必要に応じて後輪にもトルクを配分する。最新版では、走行状況によっては、後輪へのトルク配分を完全にカットできるのも特徴である。

さらに、ゴルフ オールトラックでは、ドライビングプロファイル機能に「オフロード」モードが追加され、滑りやすい路面でABSの動作を調整したり、下り坂で車速を一定に保つ「ヒルディセントアシスト」が用意されることで、より安全なドライブをサポートしてくれるのだ。

150729-Golf Alltrack-4.jpg150729-Golf Alltrack-5.jpg
前置きはこのくらいにして、さっそく試乗に出かけよう。プレス向け試乗会ということで試乗時間が90分と短かく、ごく限られた状況でのドライブになったが、第一印象はまずまずだ。

この日は雨が降ったり止んだりの生憎の空模様で試乗時には路面が濡れていたが、4MOTIONのおかげで発進は安定している。ハイパワーなFFモデルだったらESPが効きそうな状況でも、このゴルフ オールトラックは何ごともなかったかのようにしっかりと路面を捉えるのだ。

150729-Golf Alltrack-11.jpg
ゴルフ ヴァリアントTSIハイラインに比べて160kg、オプションの電動パノラマスライディングルーフが付いた試乗車では190kg重いということで、多少スタートはのんびりしているかな......という印象。欲をいえば、この手のクルマこそTDIエンジンがあるといいのだが......。一方、エンジンの回転数が1500rpmを超えたあたりからは余裕が感じられるようになる。さらに2000rpmを超えると俄然トルクが増してくるのだ。

高速の合流や追い越しなどの際、アクセルペダルに載せた右足に力をこめると、5000rpmを超えてもなお力強い加速が続くのが頼もしい。そんなときでも、4MOTIONはエンジンのトルクを余すところなく路面に伝えるので、多少濡れた路面でも躊躇せずにアクセルペダルを踏み込むことができた。

そのうえ、FF以上に直進安定性が高いので、ステアリングホイールを握るドライバーはいつもリラックスしていられるのもこのクルマの見どころである。

150729-Golf Alltrack-1.jpg
最低地上高が25mm高いゴルフ オールトラックだけに、運転席からの眺めはいつもよりほんの少し高いが、違和感はまったくない。ノーマルよりも最低地上高が高いという意識があるので、段差を超えるときや未舗装路に入るときなどに気を遣わずに済むのはありがたい。

ただ、車高が高いぶんゴルフ ヴァリアントとは足まわりが異なるために、高速走行時にはボディの上下動が気になる場面があったり、目地段差を越えたときのショックを遮断しきれないことも。このあたりは今後の熟成を期待したいところだ。現時点では日本仕様にはDCCが選べないが、その設定もぜひ検討してほしい。

150729-Golf Alltrack-6.jpg
残念ながらオフロード走行など、4MOTIONの実力を存分に試すチャンスはなかったが、それでもハイパワーなエンジンと4WDの組み合わせが生み出す安心を十分に感じ取ることができた。

ちなみに、ラゲッジスペースは、ゴルフ ヴァリアントと同じスペースが確保されており、4MOTIONのデメリットは見あたらない。

150729-Golf Alltrack-7.jpgこれだけの内容で、標準モデルが347万円、今回試乗した「アップグレードパッケージ」が367万円というのはとても魅力的。細かい装備には差があるものの、348万7000円のゴルフ ヴァリアントTSIハイラインを飛び越えて、ゴルフ オールトラックを選ぶ人が増えるのではないだろうか。

150729-Golf Alltrack-13.jpg
※写真は「アップグレードパッケージ」。Discover Proパッケージ、レザーシートパッケージ、電動パノラマスライディングルーフ装着車。

前述のとおり、短時間の試乗だったため燃費をチェックすることができなかったので、今後試乗車をあらためて借り出し、ロングドライブに連れ出してみようと思う。ゴルフ オールトラックの別の魅力も発見できそうだ。

(Text by S.Ubukata / Photos by H.Ohshima)
トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/3366

■ 関連記事