2020年3月3日、AUDI AGは4代目となる新型Audi A3 Sporbackをライブストリーミングにより披露した。

※ギャラリーはこちら

画像1: 新型「Audi A3 Sportback」がワールドプレミア

1996年、Audiのプレミアムコンパクトカーとして登場したAudi A3。今回登場したのはその4代目にあたり、まずは5ドアハッチバックのAudi A3 Sportbackがワールドプレミアを果たした。

新型Audi A3 Sporbackは全長4.34×全幅1.82×全高1.43mと、旧型に比べてわずかにサイズが拡大されている。一方、2.64mは旧型と同一だ。

エクステリアデザインは、他のAudiと同様、低くワイドなシングルフレームグリルや、短いバーがアクセントのデイタイムランニングライトなどがフロントビューを特徴づける。サイドビューではスムーズなショルダーラインと彫刻的な形状のドアパネルが対比をなす。

画像2: 新型「Audi A3 Sportback」がワールドプレミア

そして、ボリューム感のあるフェンダーがスポーティさを強調している。

画像3: 新型「Audi A3 Sportback」がワールドプレミア

インテリアでは、タッチパネル式のセンターディスプレイや、デジタルメータークラスターを標準で採用する。オプションのアウディ バーチャルコックピットを選べば、メーター内に地図など、多彩な情報が表示可能だ。

画像4: 新型「Audi A3 Sportback」がワールドプレミア

シートは、ペットボトルをリサイクルした素材を使用し、マットなどを含めて1台あたり1.5Lのペットボトル100本強が再利用されるという。

画像5: 新型「Audi A3 Sportback」がワールドプレミア

発売当初は、1.5 TFSI(150ps)、2.0 TDI(116ps)、2.0 TDI(150ps)の3タイプのエンジンを用意。6速マニュアル、または、7速Sトロニックが組み合わされる。駆動方式はFFで、後日、エンジンやquattro仕様が追加される。

画像6: 新型「Audi A3 Sportback」がワールドプレミア

ドライバーアシスタンスシステムも充実が図られ、上級モデルに採用されるアダプティブ ドライブ アシストなどが利用可能だ。

Audi A3 Sportbackは、ヨーロッパでは2020年3月から受注が始まり、5月には納車が開始される予定。その後、SedanやS3、プラグインハイブリッド車が追加される予定だ。

(Text by Satoshi Ubukata)

This article is a sponsored article by
''.