情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2017年3月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Author:横川 謙司

1969年生まれ。コピーライターにして水冷VWミニカー博物館の館長。今まで自分で所有したクルマはすべてゴルフという大のゴルフフリーク

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

RSSフィード

Golfgang Nr.213
170328-Ken-01.jpg
■ iroc/Scirocco/Corrado

■ iroc,Scirocco3 (Norev)

■ Scirocco1,Corrado (Minichamps)

■ 1/43

暖色系のミニカーが続いたから、というわけでもないですが、春めく若草色のクーペをご紹介。フォルクスワーゲンのクーペといえば、その源は「カルマン・ギア」まで遡りますが、水冷時代になってからは「シロッコ」という名で親しまれています。

170328-Ken-03.jpg
シロッコは現在のモデルが3代目、途中、似たコンセプトの2ドアクーペ「コラード」を挟んでいますので、系譜的にはやや複雑ですが、ジウジアーロによる初代のデザインを受け継ぎ、いずれもウェッジシェイプ(くさび形)スタイルを纏っています。

アウディのように大胆なシングルフレームグリルのミニカーは「アイロック」というコンセプトカーで2006年に発表されました(Sciroccoの真ん中に"iroc"が隠れています)。

このボディカラーはヴァイパーグリーンと呼ばれ、初代にも同色の設定がありました。ヘリテージを重んじるウォルフスブルクの意思が感じられます。

170328-Ken-02.jpg
その後、生産車としては2008年に登場。ゴルフ7も手がけたヴァルター・デ・シルバによって、フォルクスワーゲンらしいシンプルなグリルに変わりましたが、全体の雰囲気はコンセプトモデルのままですね。

ミニカーは、いずれもドア等の可動部のないディスプレイモデルですが、停まっていても疾走感あふれる各車の特徴をよく掴んでいます。

ミニチュアを並べれば、その一貫したコンセプトの連続性が一目瞭然というわけで、コラードも友情出演。

170328-Ken-04.jpg
sei.jpg
◆ das kleine Golfgang(ダス クライネゴルフガング)は、ゴルフのミニカー、"Golf玩具"にまつわるコラム。1974年に実車が誕生して以来、古今東西で作られてきたゴルフのミニカーたちの小さなボディに垣間見えるストーリーを、小さく紹介しています。101回目以降、ゴルフ以外の水冷VWも紹介していきます。
トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/3779

■ 関連記事