情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2016年10月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Author:横川 謙司

1969年生まれ。コピーライターにして水冷VWミニカー博物館の館長。今まで自分で所有したクルマはすべてゴルフという大のゴルフフリーク

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

RSSフィード

Golfgang Nr.205
161026-Ken-01.jpg

■ Golfito

■ PAYA (Spain)

■ Blechauto

"ゴルフちゃん"。スペイン語では-itoの接尾語で「小さい」「かわいらしい」というニュアンスになるそう。この"Golfito"はスペインのPAYAというメーカーのブリキの玩具。レモンイエローとブラックのツートンが洒落てますが、ゴルフにしては少々ホイールベースが長く愛嬌のある造形です。

161026-Ken-05.jpg
初代ゴルフのカブリオが誕生した1979年頃はブリキの玩具の終焉期にあり、ゆえにブリキ製の水冷フォルクスワーゲンはあまり種類がありません。少々スラントしたノーズには、MONZA80とかGRAND PRIX MONACOと言った表記が見られます。

ブリキメーカー自身のロゴがデカデカとエンジンフードに印刷されてるのを見ても、細けーことはいいんだよ、という古き良き時代のおおらかさを感じます。

161026-Ken-02.jpg
これは、とあるスペインの人から譲り受けましたが、この細いブラ製のロールバーがよく折れずに残ってたなぁ、と。日陰で保管してますが、ボディのレモンイエローが少し褪色してしまってるのが気になります。

161026-Ken-04.jpg
あまり目にしないブリキのゴルフカブリオ、大切に次世代に残して行きたいと思わせる一台です。

mezu.jpg
◆ das kleine Golfgang(ダス クライネゴルフガング)は、ゴルフのミニカー、"Golf玩具"にまつわるコラム。1974年に実車が誕生して以来、古今東西で作られてきたゴルフのミニカーたちの小さなボディに垣間見えるストーリーを、小さく紹介しています。101回目以降、ゴルフ以外の水冷VWも紹介していきます。
トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/3700

■ 関連記事