情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2018年4月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Author:生方 聡

1964年生まれ。自動車専門誌「CAR GRAPHIC」の編集部員を経てフリーランスのジャーナリストに。フォルクスワーゲン専門誌「Breeze」(現在休刊中)の編集長。

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

RSSフィード

これから買うなら「テックエディション」
180418-Golf Tech-5.jpg先日発売になった「ゴルフ テックエディション」。試乗車(広報車)が導入されたというので、さっそく借り出してみました!

「テックエディション」にはベース車両により「ゴルフTSIコンフォートライン テックエディション」と「ゴルフTSIハイライン テックエディション」の2タイプがあります。くわしい仕様については、こちらのニュースをご覧いただくとして、今回試乗したのは上級グレードのゴルフTSIハイライン テックエディションです。

180418-Golf Tech-4.jpg
ゴルフTSIハイラインが331万9000円であるのに対し、テックエディションは本来オプションのDiscover Proパッケージ(22万6800円)とテクノロジーパッケージ(17万2800円)が装着されて18万円高の349万9000円と、かなり魅力的な価格設定です。

Discover Proをオーダーしようと考えていた人なら、このテックエディションを選ばない理由は見あたらないのでは?

180418-Golf Tech-3.jpg
さて、今回は東京と福島県のいわきを往復し、走る、曲がる、止まるの基本性能の高さをあらためて実感しました。

基本的にはマイナーチェンジ後に乗ったゴルフTSIハイラインと同じはずですし、装着されていたタイヤも同じ銘柄、同じサイズでしたが、以前に増してサスペンションがしなやかになり、目地段差を通過したときのショックも軽くなった印象でした。

1.4 TSIエンジンと7速DSGの組み合わせは相変わらずスムーズでパワフル。モデル終盤を迎えているゴルフ7ですが、その魅力が色褪せるどころか、ますますアップしているのが凄いですね!

180418-Golf Tech-1.jpg
ところで、内容の濃さではこのハイラインよりも、ゴルフTSIコンフォートライン テックエディションのほうが上と思えるのですが、試乗の機会がないのがちょっと残念......。

というわけで、いま試乗してみたいフォルクスワーゲンは、ゴルフTSIコンフォートライン テックエディション、それに、ポロTSIコンフォートラインです。

広報車、用意してくれないかなぁ(笑)

(Text by S.Ubukata)
トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/4058

■ 関連記事