情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2018年1月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Author:生方 聡

1964年生まれ。自動車専門誌「CAR GRAPHIC」の編集部員を経てフリーランスのジャーナリストに。フォルクスワーゲン専門誌「Breeze」(現在休刊中)の編集長。

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

RSSフィード

「水冷VWミニカー博物館」再訪
180126-VWMM-5.jpg正月休みの話ですが、「水冷VWミニカー博物館(VWMM)」に行ってきました!

半年ぶりの再訪、これで何度目?(笑)

VWマニアの友人(!?)と連れだって訪れたのは神奈川県の某所にある横川邸。そう、ここは8speed.netのコラム「das kleine Golfgang(ダス クライネゴルフガング)」を担当している横川さんのご自宅です。

ミズイロのゴルフ1に加えて、ゴルフ7GTI、そしてゴルフ1の陰に隠れて見えませんが、ゴルフ1カブリオレがお出迎え。まずは、私のゴルフGTIクラブスポーツと記念写真を撮りました!

さっそく中に入ると、吹き抜けのスペースがこんなことになっています! これが噂の「水冷VWミニカー博物館(VWMM)」......といっても、一般公開しているわけではなく、横川さんのコレクションが収まる場所です。

ここに展示されているだけでも2800くらいあるそうです。さらに地下室にも保管されていて、全部あわせるとその倍くらいはあるとか。

180126-VWMM-1.jpg
私自身は水冷VWミニカー博物館を何度も訪れているのでもう驚かなくなりましたが、初めて訪れた友人はしばし茫然、言葉を失っていました(笑)

水冷VWミニカー博物館というだけに、ここは水冷エンジンを積むフォルクスワーゲンのおもちゃやグッズで埋め尽くされています。横川さんが水冷のVWミニカーを集めはじめたのはゴルフ2に乗っているころで、たまたまご友人からゴルフ2のミニカーをもらったのがきっかけ。「空冷のビートルやタイプ2のミニカーはよく見かけましたが、"水冷"は珍しかったので、軽い気持ちで集め出した」んだとか。

180126-VWMM-2.jpg
その当時はいまほどインターネットが盛んではなかったので、そう簡単には見つからなかったそうです。それでも、フリーマーケットに足を運んだり、口コミを頼りに探していくと出会うことがあり、次第にミニカー集めが楽しくなっていったそうです。

仕事で訪れたドイツで模型屋を覗いてみると、水冷VWミニカーが普通に売られていて、うれしさのあまり7〜80台を購入。その後は、ドイツ出張のたびに模型屋やフリーマーケットに足を運んだり、現地で知り合ったコレクターと情報交換をしながら、コレクションを増やしていきました。

当然ミニカーの数は増える一方で、都心のマンションからいまの一戸建てに引っ越すのを機に、水冷VWミニカー博物館をつくってしまったのでした。

180126-VWMM-4.jpg
das kleine Golfgangで紹介されているのは、このコレクションの一部だったんですね!

横川さんは、「ここにあるミニカーは、僕が一時的に保護しているものだと考えています。これらを次の世代に残せたら良いなと思っていますし、家族には『僕が死んだらウォルフスブルクに送ってくれ』と伝えています」と話します。

水冷VWミニカー博物館には、横川さんのフォルクスワーゲン愛がぎっしり詰まっていました。また、そのうちお邪魔しますね!

(Text by S.Ubukata)
トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/3986

■ 関連記事