情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2017年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Author:生方 聡

1964年生まれ。自動車専門誌「CAR GRAPHIC」の編集部員を経てフリーランスのジャーナリストに。フォルクスワーゲン専門誌「Breeze」(現在休刊中)の編集長。

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

RSSフィード

ゴルフGTI TCRに大興奮!
170515-TCR-23.jpgいま一部のファンのあいだで注目を集めている「ゴルフGTI TCR」が日本初走行を行うというので、ゴールデンウィーク明けの富士スピードウェイに行ってきました!

世界的に人気が高まっているツーリングカーレースが「TCR」と呼ばれるカテゴリー。日本でも、スーパー耐久シリーズが今シーズンからST-TCRクラスを新設し、アウディRS 3とホンダ・シビックのバトルが注目を集めています。

このスーパー耐久シリーズの第3戦から、フォルクスワーゲン ゴルフGTIが参戦するという話はこちらのニュースで紹介しましたが、Adenau/Racingline Japanが記念すべき初走行を行うという情報をキャッチした取材班は、平日の富士スピードウェイに足を運びました。

この日はあいにくの空模様でしたが、なんとか無事に"シェイクダウン"が終了。そのときの様子はこちらのレポートをご覧ください。

170515-TCR-25.jpg
このゴルフGTI TCRはフォルクスワーゲン モータースポーツが開発したレース専用車両で、エンジンは350psを発揮する2L直列4気筒ターボを採用。これで前輪を駆動します。

ちなみに、アウディRS3 LMSも同じエンジンを搭載。アウディだからといって4WDではなく、ゴルフGTI TCRと同じ前輪駆動......というか、「セアト レオン」のTCRがベースになっていて、それをゴルフGTIやアウディRS 3向けにアレンジしたというのが正しいようです。実際、ゴルフGTI TCRもアウディRS3 LMSもスペインのセアトスポーツでつくられています。

それはさておき、ワイドでいかついボディと、勇ましいエキゾーストノートには圧倒されっぱなし(笑) そして、雨の走行ではまばゆいばかりのヘッドライトの輝きも印象的でした。富士スピードウェイの1コーナーからでも、最終コーナーを立ち上がったゴルフGTI TCRがわかるほどです。

170515-TCR-1.jpg
そこでピットに戻ったゴルフGTI TCRに近づき、ヘッドライトをチェックしてみると意外な事実が! 搭載されているのはLEDヘッドライトで、「このデザインに見覚えがあるなぁ」と思い確かめてみると、ラインの色こそ違いますが、形状は「ゴルフGTE」と同じなんですね! 愛車のヘッドライトがあそこまで明るいとは思えないので、レース用に改造されているんでしょうか?

170515-TCR-24.jpg
改造といえば、ゴルフGTI TCRのボディが面白い! プロじゃないので詳しいことはわかりませんが、ワイドな前後バンパーにあわせて前後フェンダーが変更されているのですが、フロントフェンダーが専用品(カーボン製?)に替えられているのに対し、リヤはパネルが貼られているだけ! 接触したらすぐに壊れたり、脱落したりしそうです。スペアパーツは必携ですね(笑)

170515-TCR-21.jpg
それにしても、デビューレースが楽しみなゴルフGTI TCR。ゴルフオーナーとしては、ぜひこのクルマに勝ってほしいものです(笑)

(Text by S.Ubukata)
トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/3808

■ 関連記事