情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2016年8月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Author:生方 聡

1964年生まれ。自動車専門誌「CAR GRAPHIC」の編集部員を経てフリーランスのジャーナリストに。フォルクスワーゲン専門誌「Breeze」(現在休刊中)の編集長。

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

RSSフィード

アノコに逢いにup!で菅生へ
160802-up-04.jpg先々週のことですが、up!で宮城県のスポーツランドSUGOに行ってきました。目的は......。

菅生行きの目的は、SUPER GT第4戦の取材です。

160802-UP-05.jpg160802-UP-06.jpg
160802-UP-07.jpgとはいっても、OZ Girlに登場した瀬野ユリエさんや、大島奈々さんのレースクイーン姿を撮影するのがお目当てでは決してありません。Audi R8 LMSの勇姿を取材するのが目的ですのでお間違えなく(笑)
SUPER GTの場合、取材対象がAudiということでいつもはAudiで出かけるんですが、「最近、up!に乗ってないなぁ」ということで、少し長い距離を試乗する意味からも、ブルーベリーメタリックのhigh up!を借りてみました。

160802-up-01.jpg
高速の長距離移動であれば、ある程度大きなボディで、エンジンに余裕があって、アダプティブクルーズコントロールが付いているほうがラクですが、いざup!で走り出してみると、これだけコンパクトなボディなのに落ち着いた走りを見せるし、ボディ剛性が高いので中に居てとても安心。

75psの1L直列3気筒エンジンは、軽のターボに負けることもありますし、追い越し加速に余裕があったら......と感じることも正直ありますが、一度スピードに乗れば、まわりに迷惑をかけずに流れについていくことも難しくありません。高速なら20km/Lオーバーの燃費が出るのもうれしいですよね。

160802-up-02.jpg
骨太な走りを見せるup!ですが、そのデザインやつくりはとてもシンプル。いまどきのゴルフはとても立派なのに対し、up!のシンプルさはゴルフ1に通じていると気づき、なんともフォルクスワーゲンらしいクルマだなぁと好ましく思ったのでした。

決して贅沢ではないけれど、フォルクスワーゲン本来の魅力がしっかりと詰まっているup!。ヨーロッパでは新型がお披露目になっていますが、日本でもフォルクスワーゲンのエントリーモデルとして、ずっと販売を続けてほしいものです。

できればマニュアルもお願いします(笑)

(Text by S.Ubukata)
トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/3661

■ 関連記事