情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2015年10月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Author:生方 聡

1964年生まれ。自動車専門誌「CAR GRAPHIC」の編集部員を経てフリーランスのジャーナリストに。フォルクスワーゲン専門誌「Breeze」(現在休刊中)の編集長。

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

RSSフィード

ポロ ブルーモーションで目指す北陸
151025-Ishikawa-2.jpg10月中旬の平日、1泊2日で北陸へ取材ツアーに出かけました。いま話題の北陸新幹線に乗って......ではなく、「ポロ ブルーモーション」でドライブです!

「石川県にあるシュポルトに行きましょうよ!」

そんな編集部員の誘いに「せっかくだからクルマで行こうよ!」ということで実現した北陸へのドライブ。インプレッションがてら借り出した「ポロ ブルーモーション」に男3人が乗り、東名〜圏央道〜関越道〜上信越道〜長野道〜北陸道と乗り継ぎ向かったのが「千里浜なぎさドライブウェイ」。

写真でもわかるように、ここは波打ち際をクルマで走ることができるんです! クルマのインプレッションというと、どうしても山の風景になりがちですので、たまには海をバックに華麗に走る写真を載せたかったというわけです。

暗くなる前に到着できるか心配でしたが、なんとかギリギリセーフ。あいにく綺麗な夕日は拝めませんでしたが、写真が撮れただけでもめっけものです。

151025-Ishikawa-1.jpg
その夜は、人生初の小松に泊まり、美味しいお酒と肴を満喫。そして翌日は今回のメインイベントであるシュポルト(能美市)の訪問です。その成果はこちらをご覧いただくとして、取材が一段落すると編集部員のひとりが「このあたりはカレーが有名ですよね? これから○○カレーに行こうと思っているんです」とシュポルトの東さんに話すと、「僕は○○カレーよりもこっちが好きなんですよ」ということで、お気に入りのお店まで案内してくれました。

151024-Sport-1.jpg
そのお店の近くに面白い場所があるというので立ち寄ったのが、駅からすぐのところにある「こまつ曳山交流館みよっさ」。小松の伝統芸能である「曳山子供歌舞伎」やお祭りに使われる曳山(山車)を身近に感じることのできる施設で、中には2基の曳山が飾られていました。ちなみに、見学は無料です。

151025-Ishikawa-3.jpg
そして、東さんオススメの「カレーの市民 アルバ」小松本店へ。"金沢カレー"の流れを汲むということで、ステンレスの器にライスと濃厚なカレー、そして、キャベツの千切りが載っています。

全員がオーダー下のは、トンカツ、クリームコロッケ、ハンバーグ、ウインナー(赤)をトッピングした「レディースホームランカレー」。これ850円は驚きです。ライス大盛りの「満塁ホームランカレー」もありましたが「レディース......」でも十分過ぎるボリュームでした。

151025-Ishikawa-4.jpg
その後、能美市にある「松井秀喜ベースボールミュージアム」に立ち寄り、松井秀喜さんが地元の人々からどれほど愛されているかを知ることに。そういえば、松井さんも高校時代にアルバ鳴和店に通っていたとのことで、お昼に食べたホームランカレーという名前に納得。ほかにも、松井さんにちなんだモノ、コトがいろいろあって、「このへんは、すべての道が松井につながっているんだ」などとトボけたことを考えながら、石川県を後にしました。

また機会があったら行ってみたい小松&能美。そのときは満塁ホームランカレーに挑戦!?

(Text by S.Ubukata)
トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/3452

■ 関連記事