情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2010年1月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Author:鈴木珠美

オートスポーツ、OPTION編集部を経てフリーランス編集者に。クルマを軸に、ブライダル誌、女性誌、男性誌の編集執筆。現在カーライフアドバイザーとして、執筆、店舗、用品のプロデュースを担う。

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

RSSフィード

初詣はパワースポットへ
100116tama001.JPG大変遅くなりましたが・・・
明けましておめでとうございます!ことしものんびりとルポとの日々をつづっていきたいなぁと思っています。

改めて、2010年もよろしくお願いいたします。

100116tama005.JPGみなさんは愛車との初走行はどこへ出かけましたか?わたしは、ルポとの2010年の初走行は、都心から約50kmで行ける、パワースポットに行ってきました。それは東京都の西部、八王子市に位置する"高尾山"。富士山と並んでミシュランの三ツ星に指定されて以来、高尾山の人気は急上昇。さらにパワースポットとしても近年、たいへんな人気を集めている場所。

高尾山のホームページを見ると「紅葉、初詣の時期は大変混みあいます」と書いてあったので、駐車場は空いているかなぁ~とドキドキしながらもルポで出発。

高尾山の駐車場は「高尾山薬王院祈祷殿駐車場」か「八王子市営高尾山麓駐車場」、「京王高架下臨時駐車場」がメイン。合計約350台収容可能だし、三が日明けの1月4日だし、大丈夫だろう・・・と予測したのですが、朝9時に到着したのに、なんと、すべて満車。うろたえたときに目に入ったのが、軽自動車1台ならOKという手書きの看板を持つ、ご婦人の姿。そのご婦人に招かれるままに入っていくと、1台分の駐車スペースが空いていました。ルポはいまどきの軽自動車よりもチビッコなので、すっぽりと余裕すら残して駐車することが出来ました。ご婦人には、ルポは軽自動車に見えた模様。ルポのコンパクトさに改めて感謝しつつ、いざ標高599mの高尾山へ。

100116tama004.JPG山頂を目指すコースは全部で6つ。今回は途中までリフトで上って、そこから50分かけて頂上を目指す1号路をチョイスして登りました。

100116tama002.JPG高尾山一帯は「明治の森高尾国定公園」に指定されているので、キャンプ、バーベキューはもちろん、植物採集も禁止。心洗われるかのような緑深い、豊かな自然が守られています。さらにこの地は山岳信仰にもとづいた霊場・修験道の山。高尾山内に境内を構える「高尾山薬王院」に向う前に浄心門をくぐるのですが、この門に掛かっている"霊気満山"という扁額からも伺えます。

浄心門をくぐってさらに歩を進めると、左手が108段の階段を登る「男坂」、右手がなだらかな坂を歩く「女坂」という分かれ道に差し掛かります。なまったカラダをほぐすには女坂ですが、カツを入れるなら男坂。今回はカツ!を入れたかったので、除夜の鐘でもおなじみの煩悩を振り払う意も込めて男坂をチョイス。一度も立ち止まらず一気に登りました。一緒にいった友人との会話がピタリと止まったことはいうまでもありません。

100116tama003.JPGなんとかたどり着いた「高尾山薬王院」でお参りをして、さらにそこから30分かけて頂上まで登りきりました。晴れた日は頂上からは富士山の姿も見ることができるのですが、今回は曇っていたため凛々しい富士山の眺めは見ることはできませんでしたが、頂上の茶屋でくつろぐひとときは至福の時間でした。

下りは吊り橋がある4号路を選択。下りは本当にお散歩感覚で風景や新鮮な空気を楽しみながら歩けるので、またすぐに訪れたい気分になります。四季折々の風景を堪能したいなぁ~と思いましたが、駐車場事情を考えると、新緑が芽吹く頃、紅葉といった時期は、ルポはお留守番になるかもしれません。

かしこ

トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/519