情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

Golf
【試乗記】新型ゴルフヴァリアント
091117-GVimp-01.jpg11月17日、新型ゴルフヴァリアントが日本で発売されました。箱根で開かれた試乗会に参加、さっそくその実力を確かめてきました。

果たして、旧型オーナーが出した結論は!?
【長期テスト】ゴルフ6、4,000km。突如ブレーキへ!?
091031VAS001.JPG 全く持って、この気まぐれには付き合いきれない(笑)。前回、次回は小物装着レポートをお送りすると書いたが、その前に!ちょっとブレーキが気になってきた。
【長期テスト】ゴルフ6、3,000km超えて、HIDを装着!
090926yama05.jpgちょっと間が空いてしまいましたが、HID装着後のレビューをお送りします。


【試乗記】新型ゴルフGTI
090825-GTI-02.jpgゴルフのスポーツモデルとして、いつの時代も熱い視線の先にあった「ゴルフGTI」。その注目のモデルが、生まれ変わって、早くも日本での販売を開始。さっそく箱根で試乗した。

新型ゴルフGTIの概要についてはコチラを。
【長期テスト】ゴルフ6、3,000km超えて、HIDを物色!?
090814ltt001.jpgDUO 1ヶ月無料点検セーフティチェックも完了し、全くトラブルなしでご機嫌な我がゴルフ6ハイライン

【試乗記】ゴルフ6試乗リポートby オグラ Part 3
090524VAS010.jpgハイラインとコンフォートラインのどちらを選ぶかーー。これはかなり悩ましい問題だ。装備的には、もちろん販売価格もそれなりのハイラインに軍配が上がる。だが、ゴルフ本来のスタンスといったものも考慮すると、コンフォートラインの方がベター。もっといえば、近い将来登場するだろうと噂される新しいトレンドラインがベストと思われるからだ。

【試乗記】ゴルフ6試乗リポートby オグラ Part 2
090517ogu004.jpgゴルフ6のエンジンは、いまのところ2種類。いずれも1.4リッターのTSIで、ハイラインには、ツインチャージャーの最高出力118kW(160ps)/5800rpm、最大トルク240Nm(24.5㎏-m)/1500~4500rpmを、コンフォートラインにはシングルチャージャーの90kW(122ps)/5000rpm、200Nm(20.4㎏-m)/1500~4000rpmが搭載されている。スペック上、高性能なのは、もちろんハイライン用のツインチャージャーだが、体感上は、コンフォートライン用のシングルチャージャーも捨てがたく、これがなかなか優劣つけがたい。

【試乗記】ゴルフ6試乗リポートby オグラ Part 1
090513VAS009.jpg8speed.netの長期テストカー、ゴルフⅥのハイラインを受けとって、メーターをチェックすると、その走行距離はわずか25㎞。これなら京都往復のナラシの甲斐が絶対にあるはずと予測したのだが、意外やその効果はごくわずかなものだった。このゴルフⅥ、機械としての精度、品質がきわめて高く、最初っからすべてが滑らか、かつしなやか。なんだか肩すかしを食らったような気分になったが、それはうれしい誤算でもあった。
【Movie】本音で語るゴルフ6
090415-Golf-05.jpg「ゴルフTSIトレンドライン」オーナーのエディターと「ゴルフヴァリアントTSIトレンドライン」オーナーのライターが新型ゴルフTSIコンフォートラインに試乗。その仕上がりについて言いたい放題!?
【試乗記】ゴルフ6試乗〜その進化は期待どおり
090415-Golf-01.jpgフルモデルチェンジして6代目になった新型ゴルフに試乗、その進化は期待どおりだった。