情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2018年4月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

RSSフィード

「Driving Festa 2018」開催される
DSC_0311.jpg 2018年4月8日、フォルクスワーゲン正規ディーラーを運営する株式会社北海道ブブ/株式会社MIDは、栃木県のGKNドライブラインジャパンにて「Driving Festa 2018」を開催した。

※ギャラリーはこちら

「Driving Festa 2018」は「フォルクスワーゲン池上」「フォルクスワーゲン川越」「フォルクスワーゲン蓮田」「フォルクスワーゲン春日部」のカスタマーを対象としたイベント。前回の「Volkswagen Day 2017 in Long Wood Station」の流れを汲みながらも、よりドライビングに重点を置いた内容となり、70組/142名が会場に足を運んだ。

DSC_0004.JPG
会場となったGKNドライブラインジャパンのプルービンググラウンドは本格的なテストコースを有しており、自動車メーカー各社や関連企業のテスト走行はもちろん、それ以外でもTVドラマのロケやミュージシャンのPVなどにも用いられる施設となっている。

DSC_0090.jpg
受付後、メインホールで試乗に関するブリーフィングに加えて、フォルクスワーゲンAG公認トレーナーの金子陽一さんと、コックス株式会社 COX事業部の佐藤拓也さん、VGJアフターセールス本部企画課の富内眞悟さんの3名によるトークショーを開催。先日フルモデルチェンジが行われたポロの話題と、COXのチューニングに関しての魅力についてトークが交わされた。

DSC_0210.jpg
メインとなるコンテンツのひとつ「COX Custom Car Drive」は、おもにワインディングコースでノーマルのゴルフとCOXのチューニングが施されたゴルフを比較体験するというもので、インストラクターのレクチャー後に参加者が実際にステアリングを握る。

DSC_0382.jpg
筆者も参加者に同乗しその比較を体感したが、ひと言で表現するとワインディングコースにおける安定感が段違いに高まっていることに驚いた。

チューニングというと、一般的には見ためなどを優先して機能を犠牲にするイメージが持たれがちだが、COXのチューニングはフォルクスワーゲンの基本性能をさらに向上させることに徹してることが理解できた。

DSC_0141.jpg
もう一つのメイン「Passat Drive」では、オーバルコースのバンクコーナーを走行しながら、パサートTDI、GTE、TSIをそれぞれ乗り比べるというコンテンツだ。

DSC_0193.jpg
インストラクターが丁寧にレクチャーした後、最初はバンクの内側から走行して周回を重ね、最後にはバンクの一番外枠を走行するというものだ。

参加された方は当初は不安な心境が入り混じっていたものの、終わってみれば貴重な体験ができたたことで、満面の笑みを浮かべているのが印象的だった。

ふだんは試乗といってもなかなか乗り比べができないが、今回は1車種でいろいろなグレードが乗り比べられたのも、貴重で有意義な体験となっただろう。

DSC_0258.jpg
プル−ビンググラウンドの別エリアでは、メインコンテンツに試乗された方の同伴者や女性を対象に、新型ポロを用いた散水路面でのフルブレーキング、緊急回避などのESC機能を体験。新型ポロの性能はもちろん、フォルクスワーゲンの高い基本性能を体感することができた。

DSC_0270.jpg
また希望者には、新型ポロをメイン会場から持ち出し、15分程度の外周試乗をすることも可能だった。

DSC_0285.jpg
お待ちかねのランチは、ケータリングトラックが持ち込まれ、こだわりの肉や野菜などの本格的なバーベキュープレートが振る舞われた。

DSC_0266.jpg
さらに奥のコーナーでは、COX及びm+のパーツをはじめ、タイヤや純正オイルなどの販売が行われた。

とくにCOXパーツは「COX Custom Car Drive」に参加されたオーナーが、その試乗後にパーツの相談や購入する姿が目立っていた。

DSC_0235.jpg
さらに"簡単テニス体験"や"ミニパターゴルフ体験"、"だるま落とし"などキッズに人気のアトラクションを用意。子供たちの歓声が絶えなかった。

DSC_0239.jpg
この日は一瞬雨雲に見舞われたものの、ほぼ1日を通して快晴といえる空模様で、来場者や同伴者にとって想い出深いイベントになったに違いない。

また来年も、このような楽しいプログラムが開催されることを期待したい。

DSC_0291.jpg
(Text & Photos by M.Uchida)

■関連リンク
株式会社北海道ブブ/株式会社MID
フォルクスワーゲン池上
フォルクスワーゲン川越
フォルクスワーゲン蓮田
フォルクスワーゲン春日部

■ 関連記事