情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2015年5月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Author:大矢アキオ (Akio Lorenzo OYA)

イタリアコラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒業。自動車誌『SUPER CG』編集記者を経てトスカーナ州シエナ在住。『イタリア発シアワセの秘密-笑って!愛して!トスカーナの平日』(二玄社)ほか著書多数。NHK『ラジオ深夜便』現地リポーターとしても十年以上にわたり活躍中で、老若男女犬猫問わず幅広いファンがいる。

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

上海ショー2015 生存確認! VWコンパニオン写真集
150512-Oya-03.jpg【イタリア直送 大矢アキオのかぶと虫! ビートル! マッジョリーノ!】

第16回を迎えた今回の上海モーターショーは、管轄当局の指導にしたがい、主催者が「コンパニオン禁止」を各出展社に通達したとの事前報道がなされた。

それを聞いた筆者は、昭和のCMキャッチ「クリープを入れないコーヒーなんて」を思いだし、「コンパニオンのいないモーターショーなんて」と呟いてしまった。

しかしプレスデイ当日、今回からの新会場設「国家会展中心」を訪れてみると、ターンテーブル上の派手で妖艶なモデルこそ消えていたものの、レセプション・デスクや展示車両脇の説明員というかたちで、各社ともコンパニオンの"生存"が確認できた。

まずは、フォルクスワーゲンから。

150512-Oya-01.jpg150511-Oya-10.jpg
フォルクスワーゲン グループはといえば、従来から各国のショーで車両説明員主役的カラーが強かったので、今回の通達の影響を最も感じさせなかったメーカー、というのが正直なところだ。

他社の中には、車両説明よりもルックスを優先させた、いわば「みなし説明員」を配置していたところもみられたが、筆者が観察するかぎり、フォルクスワーゲン グループの彼女たちの大半は、タブレット・コンピューター片手に積極的に車両解説などを行っていた。

こちらはフォルクスワーゲン グループのアウディ(左下)とポルシェ(右下)。

150512-Oya-04.jpg150512-Oya-11.jpg
そしてシュコダ。

150512-Oya-06.jpg150512-Oya-08.jpg
150512-Oya-07.jpg自動車と、そのスタイルやムードに合わせた美女、ときに美男という組み合わせの妙を楽しむのは、第二次大戦前欧州のコンクール・デレガンスに端を発するもので、健全に継続・発展すればひとつの近代文化、というのが筆者の持論である。
そんなことを考えていたら、フォルクスワーゲンブランドのブースでは、お気に入りのコンパニオンとのツーショット写真を、別のコンパニオンに頼んで撮ってもらっている来場者がいる。ポルシェでは展示車と自分だけの写真を、コンパニオンに撮らせている男性もいるではないか!

150512-Oya-09.jpg
いやはや、「照像好◯?(写真撮らせてください: ◯は口偏に馬)」「你很漂亮(美しいですね)」などと、彼女たちにびくびく声をかけ、ご機嫌をとりながらシャッターを切っている筆者としては、とても真似できない大胆な行動であった。

(文と写真=大矢アキオ Akio Lorenzo OYA)
トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/3307

■ 関連記事