情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2014年9月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Author:大矢アキオ (Akio Lorenzo OYA)

イタリアコラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒業。自動車誌『SUPER CG』編集記者を経てトスカーナ州シエナ在住。『イタリア発シアワセの秘密-笑って!愛して!トスカーナの平日』(二玄社)ほか著書多数。NHK『ラジオ深夜便』現地リポーターとしても十年以上にわたり活躍中で、老若男女犬猫問わず幅広いファンがいる。

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

寡黙なメカニックの過激なキットカー
140908-Oya-04.jpgイタリア直送 大矢アキオの
かぶと虫! ビートル! マッジョリーノ!

寡黙なメカニックの過激なキットカー

街の床屋さんしかり、食料品店のおばさんしかり。仕事服を脱いで普段着で街を歩いていると、誰だかわからないことが多い。

向こうはボクが数少ない日本人だから覚えているのだが、ボクのほうは失礼ながら、どこで会った人だかとっさに思い出せない。しかるべき場所で、しかるべき格好をしていないと、ボクは途端にわからなくなってしまうのだ。

そんなことあるワケないが......フェルディナント・ポルシェに声をかけられても、有名な歴史写真のように「頬に指をかけるポーズ」や「ステアリングの向こうから覗いているポーズ」をしていないと、誰だかわからないだろう。ましてやヒゲを剃っていたら、そこいらのおじさんかと思うだろう。

前回に続き、今年7月にイタリア中部スタッジャ・セネーゼで開催されたVWファンの集い「インターナショナルVWミーティング」でのことである。 

「よっ、俺のこと覚えてるか?」

Tシャツ姿のおじさんに、いきなり声をかけられた。そのときも、とっさに誰だかわからなかった。数秒のタイムラグを経て、ようやくわかった。

140908-Oya-01.jpgメカニックのベッペさんだった。長年ビートル専門ショップで働いていたあと、現在はフィレンツェ郊外にあるVWタイプ2専門店に勤務している。詳しくいうと、ブラジル製の初代タイプ2を輸入し、レストアして販売している店だ。

左の写真は、納車前点検を黙々とこなすベッペさんの姿である。クルマに関する仕事に長く携わっているにもかかわらず、毎日鉄道で50km離れた自宅から通っている。見るからに地道な修理工のおじさんである。
そのベッペさんが、今日は頬を紅潮させている。そして会場内にある1台のクルマを指差した。

「これ、俺が組み立てたんだ!」

1台のマットグレーのモディファイド・ビートルである。ベースは前輪サスペンションがストラットの1303系だ。

140908-Oya-02.jpg
「ヴラーディ(Wladi)というドイツ製キットだよ」

ドアなど一部を除いて、同社オリジナルの大胆なFRP製ボディパネルに換装されている。エンジンは1800ccにまで排気量アップが図られているという。

いっぽう、内装は大部分がベッペさんによるものだ。車体色と同じクールなダッシュボードと、ホワイトのレカロ製シートが鮮烈なコントラストを放つ。半年にわたる労作である。

140908-Oya-03.jpg
「では記念写真を」とボクが言うと、彼はすかさず家族を呼び寄せた。ベッペさんの顔は、いつになく誇らしげだった。

イタリア人は、つきあうほどに、いろいろな顔をみせる人が少なくない。それは月日が流れるにしたがい、さまざまな風味を醸し出すワインのごとくである。

[冒頭の写真]
ペッペさんと、そのファミリー。

[前半の写真]
フィレンツェ郊外のVWタイプ2専門ショップ「T1スペシャリスト」にて。働くメカニックのベッペさん。

[中程の写真]
「インターナショナルVWミーティング」で。「ヴラーディ」キットをもとに、ベッペさんが手がけたモディファイド・ビートル。ちゃんとナンバー付き、公道走行可能である。

[後半の写真]
スパルタンなダッシュボードと、エレガントな内装が好対照を醸し出す。

(文と写真=大矢アキオ Akio Lorenzo OYA)

■ 関連記事