情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2014年6月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Author:太田哲也

1959年11月6日生まれ。自動車評論家・レーシングドライバー。4年連続でルマン24時間レースにフェラーリで出場するなど日本一のフェラーリ遣いの異名を取ったプロフェッショナル・レーシングドライバー。ライフワークとして若い世代に「チャレンジする素晴らしさ」を伝える社会貢献活動『NPO法人KEEP ON RACING http://www.keep-on-racing.com』の代表を務める。

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

【太田哲也的GTI Life】第2話 太田哲也的なGTIとは?
140528-OTA-2.jpg前回、ゴルフとオレはキャラクターが違うと述べたけど、では具体的にどう違うのか?




ゴルフのキャラは、優等生で勉強も運動もできる生徒会長のイメージだ。俺の勝手な印象では、サッカー日本代表キャプテン長谷部誠選手にぴったりかな。誠実で努力家で。

一方、オレも一応プロスポーツ選手だったし、幼少期には神童といわれたこともあったけど(笑)、常に反権力側、いいかたをかえれば不良側。愛想よくニコニコしたりできないし、ゴルフのキャラとは大きな溝がある。

140613-OT-01.jpg
このギャップをどう埋めるかが重要だ。改めて納車されたGTIをふだんの愛車ジュリエッタと見比べると、内装はかなり地味だ。ベイシティローラーズ(古っ)みたいなチェック柄のシートはGTIのアイデンティティらしいが俺の趣味ではない。

クルマにはセクシーさが必須だと思っているが、色気がない。スポーツモデルなのに対向ブレーキキャリパーもない。だから見栄えしない。

140613-OT-02.jpg
そうした点を俺好みに変えて「太田哲也的GTI」をつくっていくつもりだが、事前に考えていた「方向性はフェラーリのようなGTI」はいくらなんでも無謀だと早くも断念した。

それでテーマは「イタリアンテイストのスポーツ&ラグジュアリーGTI」に変更だ。

それでは次回はGTIのスポーツ性について語ろう。

(Text by T.Ota)
トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/3130

■ 関連記事