情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

2014年5月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Author:太田哲也

1959年11月6日生まれ。自動車評論家・レーシングドライバー。4年連続でルマン24時間レースにフェラーリで出場するなど日本一のフェラーリ遣いの異名を取ったプロフェッショナル・レーシングドライバー。ライフワークとして若い世代に「チャレンジする素晴らしさ」を伝える社会貢献活動『NPO法人KEEP ON RACING http://www.keep-on-racing.com』の代表を務める。

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

【太田哲也的GTI Life】第1話 GTIを買ってみた!
140528-OTA-1.jpg元レーシングドライバーでモータージャーナリストの太田哲也さんがゴルフGTIを購入。「太田哲也的GTI Life」がスタートします!



GTIを買ってみた。

なぜ自分とキャラ違いのゴルフを購入したのかというと、内外装は確かに実用車だが中身はスポーツカーで、その「走りの潜在力」に惚れたからだ。

しかも挙動が安定しているので、サーキット初心者にも安心して薦められる。

「Tetsuya OTAドライビングレッスン」の参加者や、日常は愛車として、年に数回はサーキット走行を行う「太田哲也とオヤジレーサーズ(正式名称TEZZO RACERS CLUB)」のチームメンバーの代替の候補車として、その可能性を見極めようという思いもあった。

そもそも現在の愛車はアルファロメオ・ジュリエッタ(QV-MT)で、とても気に入っているんだけど、唯一不満点がある。それは電子制御の入り方だ。

走りの性能には概ね満足している。DTT・ECUチューンで数10馬力アップしていて、発進加速でフルスロットできないほどパワーがあって、普段、街で乗るにはとても楽しいクルマなのだが、スピン防止やアンダーステア抑制の電子制御がやりすぎで、カットオフも出来なくて、サーキットで楽しくない。

GTIも電子制御は入っているが、それが任意にカットオフできると聞いた。それが実際はどんなものかをみてもみたかった。

140528-OTA-3.jpg
それにしても実際に納車されたGTIを改めて見てみて、「やっぱり地味だナ~」と。

このクルマをベースに、オレなりの「太田哲也的GTI」を造ってみようと思う。方向性はフェラーリのようなGTI。イタリアンテイストのスポーツ&ラグジュアリー。

......それはないだろうという声が聞こえてきそうだが、DNAはあると思うよ。現行モデルはアルファ156をデザインしたヴァルター・デ・シルヴァがデザインしているんだからさ。

それではフォルクスワーゲンファンのみなさんッ、ヨロシクね!

■関連リンク

・TEZZO STYLE ワーゲン:ゴルフの室内をより上質に

(Text by T.Ota)

■ 関連記事