情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2012年1月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Author:小倉 正樹

1950年生まれ。伊藤忠オート、日刊自動車新聞社を経て自動車専門誌「LE VOLANT」編集部に。同誌編集長、「VW GOLF FAN」編集長を経てフリーに。

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

RSSフィード

今年はいい年になりそうだ!
120110ogu01.jpgあまりにウレシイので、報告させてもらう。オグラはついに、岡山国際サーキットのラップタイム、2分切りを果たした! 1月6日の午後に、マークしたベストタイムは1分59秒455。ようやく、本当に、本当にやっとのことで念願が叶った。

120110ogu03.jpg■およそ11秒を7年半かけて

新年もそうそう、岡山国際サーキットに行ってきた--と、こんな書き出しのコラムを書いたのは、'10年の1月のこと。'11年の年始めには行っていないが、調べてみると、なんのことはない、'10年のクリスマスには走っている。年末年始には必ずといっていいほど、東京からわざわざ岡山に出かけているのだ。今年も同じことを繰り返している。還暦も過ぎたというのに、だ。

冬場にサーキット走行を頑張る理由は簡単明瞭。エンジンの空気充填効率が高くなってパワーが出るため。つまり、"ひとりサーキットトライアル"を楽しむ者にとっては、ラップタイムを更新する絶好の時期というわけ。ちなみに、これまでのオグラの岡山国際ベストタイムは2分00秒757で、これも'10年のクリスマスにマークしたもの。2分切りまでもう少しだったから、とても口惜しかったことを覚えている。

120110ogu02.jpgマシンは、コックスがターマックラリー用に開発したエンジンを載せ、ミッションやサスペンションなどの様々なパーツを以前の黒のGTIから移植した3のカップカー。エンジンフードは軽量化を目的にFRP製とするなど、外観こそカップカーだが、ノーマルを前提とするカップカーとはかなり内容が異なる。ドライバーがジジイ(オグラ)の場合、こうやってチューニングしないと、望むラップタイムを出せるものではない。まぁ、「タイムはカネで削り取れ」を実践しちゃったということだ。

オグラがゴルフ3のGTIで岡山国際サーキットを初めて走ったのは、'03年。翌'04年には、VTA(フォルクスワーゲン・トロフィ・アソシエーション)のサーキットトライアルに参加している。この年の7月25日には、当時はまだTIサーキット英田と呼ばれていた岡山国際サーキットで行なわれたサーキットトライアルに出て、1本目で最終コーナーを飛び出して、周囲にエライ迷惑をかけた。2本目で、ビビリまくりながら出したタイムが2分10秒942だった。

120110ogu05.jpgほぼ7年半をかけ、ラップタイムをおよそ11秒短縮したことになる。自分でも驚くが、なんと執念深いことか。また、この約11秒のために投資した金額は、さていくらになるのか。以前の黒のGTIにも相当額をかけたが、かつてのカップカーを譲り受けたことから乗り換えて、さらに投資を続けている。マシンに対しては、一応できる限りのチューニングをやったという判断をしてからは、「後は練習しかない」と覚悟して何度岡山国際に通ったことか。アホや...

■やっぱりススメる、サーキット遊び120110ogu06.jpg

しかし、何度もいうが、サーキット遊びは面白い。クルマをチューニングすれば、その変化を楽しむことができるし、うまくいけばタイムを縮めることができ、速度域が上がることで新しいドライビングスタイルに目覚めることにもなる。こんな楽しい遊びは滅多にないと、オグラは思っているのである。

ところで、新年そうそう、念願を果たしてしまったオグラは、次になにを目標とすればいいのか――。さて、今度はゆっくり考えてみようと思う。

というわけで、今年もよろしくお願いします。
トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/1683

■ 関連記事