情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2011年12月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Author:小倉 正樹

1950年生まれ。伊藤忠オート、日刊自動車新聞社を経て自動車専門誌「LE VOLANT」編集部に。同誌編集長、「VW GOLF FAN」編集長を経てフリーに。

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

RSSフィード

XDSのキャンセルについて(続報)
111213ogu001.jpg前回、業界筋からの情報として、XDS(電子制御式ディファレンシャルロック)の機能を解除できるキャンセラーがまもなく用意される見込みとお伝えした。その後、さらに取材を続けていくと、どうやらXDSのキャンセルはVWのテスターでできるらしいことが分かってきた。つまり、ユニットとして、キャンセラーが登場するわけではないということだ。

■コーディングでオッケー!

キャンセラーが登場すると記したのには、理由がある。まず、これまでの業界の話として、ドイツ本国から伝わってきた「XDSはどうやっても絶対に外せない」という情報がある。新たにキャンセラーでも開発しない限り、その機能を解除するのは無理と思われた。また、DCC(アダプティブシャシーコントロール)のキャンセラーのように、ユニットとして開発されない限り、業界のビジネスにはなりにくいと考えられたこともある。

しかし、実際には、XDSはVWの整備部門が持つテスターでキャンセルが可能だった。いわゆるコーディングでXDSを呼び出し、アクティブとなっているのをオフにすれば、それでキャンセルできるとのこと。最新のテスターを持っていれば、特別なことをするでもなく、キャンセルできるのだ。

111213ogu002.jpgXDSのキャンセルでなにができるのか。一番のメリットは、ドライバーにそのテクニックあるとの前提に立ってのことだが、コーナリングスピードを上げられることだろう。ともあれ、XDSによるイン側のブレーキの引きずりをなくすことができるからだ。イン側のブレーキだけが熱を持って、やがて使えなくなるという現象はなくなるはず。
チューニングの可能性は大きく広がる。ブレーキの容量を大きくすることができ、よりスポーツドライビングを楽しめるようになる。XDSを装備するのはゴルフ6のGTIだけではないことも、覚えておくべき。ゴルフRやシロッコRなどにも、様々な可能性が出てくる。車種的な広がりが生まれてくるわけだ。

■もう少し時間が必要?

とはいえ、このXDSのキャンセルの是非は、もう少し時間をかけたほうがいいかもしれない。というのは、XDSのキャンセルで他の機能に影響が出るかもしれず、それまだ十分に検証されたとはいえないため。XDSは、コーナリング中のスタビリティを確保するという機能だけではなく、ディファレンシャルやミッション、クラッチなどドライブトレーン系の保護という意味合いもあるとも推測されるからだ。

トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/1665

■ 関連記事