情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2018年7月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

RSSフィード

「Volkswagen 充電カード」のサービス提供開始
180704- eGolf-07.jpg2018年7月4日、フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、全国約2万基のNCS(合同会社日本充電サービス)の充電ネットワークで利用可能な独自カード「Volkswagen 充電カード」のサービスを提供開始した。

「Volkswagen 充電カード」は、全国約2万基のNCS(合同会社日本充電サービス)の充電ネットワークが利用できるフォルクスワーゲンオーナー専用のサービス。使い方にあわせて3つの料金プランが用意される。

いずれのプランでも、会員専用ポータルサイトで利用履歴などの確認が可能。また、会員専用の特典として、充電ステーション検索アプリ"EasyEV"にて満空情報が提供される。

ベーシックプラン(普通充電器用)
  • 対象モデル:eゴルフ、ゴルフGTE、パサート/パサートヴァリアントGTE
  • 月会費:1400円
  • 充電料金:普通2.5円/分
  • カード発行手数料:無料

ベーシックプラン(普通・急速充電器併用)
  • 対象モデル:eゴルフ
  • 月会費:3200円
  • 充電料金:普通2.5円/分、急速15円/分
  • カード発行手数料:無料

プレミアムプラン(普通・急速充電器併用)
  • 対象モデル:eゴルフ
  • 月会費:5200円
  • 充電料金:無料
  • カード発行手数料:無料
NCSが提供するサービス(NCSカード)と比較した場合、普通充電器用ベーシックプランは月会費、充電料金は同額だが、1400円のカード発行手数料が無料となるぶんお得。また、普通・急速充電器併用ベーシックプランの場合、月会費が1000円安く、さらに1400円のカード発行手数料が無料となる。

普通・急速充電器併用プレミアムプランは、月会費だけで充電し放題。これに相当するプランはNCSカードには用意されていない。また、自動車メーカーなどが提供するサービスでも、普通充電、急速充電ともに充電し放題というプランはなく、フォルクスワーゲンが業界初となる。

ちなみに、BMWの「ChargeNow」は、対象となるEVやPHEVの購入から12カ月は月会費と充電料金が無料で、2年目以降は月会費5000円、充電料金は普通0円/分、急速15円/分(普通・急速充電器併用の場合)。日産の「使いホーダイプラン」は、対象となるNCSおよび日産の急速充電器月会費2000円で使い放題となる。

(Text by S.Ubukata)

■ 関連記事