情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2018年4月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

RSSフィード

「I.D. R Pikes Peak」がワールドプレミア
180423-ID R-01.jpg2018年4月22日、フォルクスワーゲンは2018年6月にアメリカのコロラド州で開催される「パイクスピーク インターナショナル ヒルクライム」に挑む「I.D. R Pikes Peak」をフランス・アレスのサーキットで初披露した。

フォルクスワーゲンは、このサーキットでI.D. R Pikes Peakのシェイクダウンを行う予定で、それに先立ちI.D. R Pikes Peakがワールドプレミアとなった。

すでにお伝えしたとおり、フォルクスワーゲンはこのI.D. R Pikes Peakで、2018年6月24日に開催される「パイクスピーク インターナショナル ヒルクライム」に挑戦する。

「Electric Modified」車両の世界記録は8分57秒118。この記録を更新するために、I.D. R Pikes Peakには2機の電気モーターが搭載される。総出力は500kW(680ps)で、走行に必要なリチウムイオンバッテリーを搭載した状態で車両重量を1100kg以下に抑えるなどして、0-100km/h加速は2.25秒を実現する。これはF1やフォーミュラEよりも速い。

ちなみに、1985年〜87年、フォルクスワーゲンはゴルフ2の改造車でパイクスピークに挑んでいるが、そのときのパワーユニットはツインエンジンだった。

180423-ID R-02.jpg
コックピットに収まるのは、フランス人ドライバーのロマン・デュマ。2016年のルマン24時間レースにポルシェチームの一員として参加し、見事優勝を飾る一方、パイクスピークヒルクライムでも、2016年と2017年に総合優勝を果たしている。

ロマン・デュマがどんなタイムを叩き出すのか、楽しみである。

180423-ID R-03.jpg
(Text by S.Ubukata)

■ 関連記事