情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2017年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

RSSフィード

「ポロGTI R5」のイメージスケッチ公開
171108-Polo-03.jpg2017年11月7日、フォルクスワーゲン モータースポーツは、2018年後半に投入を予定しているラリー車両「ポロGTI R5」のイメージスケッチを公開した。

「ポロGTI R5」は、FIA(国際自動車連盟)が定めるラリーカーの規定「グループR5」に基づいてつくられる車両である。

フォルクスワーゲン モータースポーツは、2013年から2016年までワークスチームとしてWRC(世界ラリー選手権)に参戦し、4年連続してドライバーおよびマニファクチュアラーズタイトルを獲得。しかし、2016年にはWRCでのワークス活動を終了している。

このポロGTI R5は、WRCでの経験を生かし、WRCの下位カテゴリーである「WRC2クラス」などに参戦するプライベートチーム向けに提供するものだ。

171108-Polo-02.jpg
上のイラストからもわかるように、ポロGTI R5は新型「ポロGTI」をベースに開発したものだが、搭載されるエンジンなどはベース車両とは大きく異なる。

市販版のポロGTIが2.0 TSI(200ps)を搭載するのに対し、ポロGTI R5には270psを発揮する1.6L直列4気筒直噴ガソリンターボを採用。これに5速シーケンシャルギヤボックスと4WDが組み合わされる。

171108-Polo-01.jpg
ポロGTI R5の開発は2017年から始まり、2017年内には初の走行テストが行われる見込みだ。

フォルクスワーゲン モータースポーツは、レース用の車両として「ゴルフGTI TCR」を販売しているが、このポロGTI R5の販売によりラリーの世界でもプライベートチームに戦闘力の高いマシーンを提供していきたい考えだ。

(Text by S.Ubukata)

トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/3922

■ 関連記事