情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2017年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

RSSフィード

新しいフラッグシップモデル「アルテオン」を発表!
171017-Arteon-01.jpg2017年10月17日、フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、フォルクスワーゲンの新しいフラッグシップモデル「アルテオン」を発表し、10月25日より販売を開始する。

「パサート」の上位モデルとなるフォルクスワーゲンの新しいフラッグシップモデル「アルテオン」が日本に上陸した。

フォルクスワーゲンが「スポーティかつ流麗なクーペスタイルのデザイン、ハッチバックの機能性、セダンの快適性を融合したグランドツーリングカー」と表現するアルテオンには、フォルクスワーゲンの魅力が凝縮されているという。

171017-Arteon-13.jpg
アルテオンは、いわゆる"4ドアクーペ"と呼ばれるデザインを採用。低いルーフとファストバックのスタイルに加えて、サッシュレスドアが、ふつうのセダンとの違いを明確にしている。

ボディサイズは全長4865×全幅1875×全高1435mmと、パサートよりも全長と全幅は大きい一方、全高を低くすることで、よりワイドでスポーティなフォルムとなった。

171017-Arteon-12.jpg
「パサートCC」や「フォルクスワーゲンCC」とは異なり、大型のテールゲートを採用したのもアルテオンの特徴だ。これにより、"流麗なクーペスタイルのデザイン"と"ハッチバックの機能性"の両立を図っている。

171017-Arteon-08.jpg
印象深いフロントビューは、ヘッドライトを結ぶ水平バーがアルテオンのワイド&ローのデザインを強調している。左右のホイールアーチを覆う"クラムシェル"型のボンネットを採用したのも、エクステリアデザインの特徴のひとつである。

全車にLEDヘッドライトを標準装着。また、デイタイムランニングライトを日本仕様として初めて採用している。

171017-Arteon-02.jpg
インテリアは、フォルクスワーゲンらしいクリーンなデザイン。水平基調のダッシュボードが横方向の広さを強調する。また、ブラック基調の内装色がスポーティな雰囲気に仕上げている。

シートはナパレザーを採用。アルミのデコラティブパネルやピアノブラックのセンターパネルなどにより、フラッグシップモデルにふさわしい上質さも手に入れた。

最新のフォルクスワーゲンらしく、フルデジタルメーターの「Active Info Display」やヘッドアップディスプレイ(一部モデル)、9.2インチモニターの「Discover Pro」などを採用した。

171017-Arteon-06.jpg
後席には3名分のスペースを用意。2835mmのホイールベースにより、余裕あるレッグルームを確保したという。

171017-Arteon-11.jpg
ラゲッジスペースは後席を使用した状態で563L、後席を倒せば1557Lもの大容量を確保している。パワーテールゲートには、ハンズフリーでオープン可能な「Easy Open」機能が搭載される。

171017-Arteon-09.jpg
アルテオンは、横置きエンジン用のモジュールコンセプト「MQB」を採用。サスペンションは前:マクファーソンストラット、後:4リンクで、アダプティブシャシーコントロール"DCC"を標準で搭載する。

パワートレインは280ps/350Nmの2.0 TSIエンジンと湿式7速DSGの組み合わせで、4WDの「4MOTION」によりそのハイパワーを余すところなく路面に伝える。JC08モード燃費は13.3km/Lだ。

171017-Arteon-10.jpg
先進安全技術が多数搭載されているのもアルテオンの特徴だ。プリクラッシュブレーキシステム"Front Assist"はもちろんのこと、アダプティブクルーズコントロール"ACC"やレーンキープアシストシステム"Lane Assist"、渋滞時追従支援システム"Traffic Assist"、レーンチェンジアシストシステム"Side Assist Plus"、パークティスタンスコントロール、リヤトラフィックアラートなどは全車に標準装着した。

事故の可能性を予測し、早い段階で乗員保護機能の動作を準備するプロアクティブ・オキュパント・プロテクションは、前方だけでなく後方からの予測機能を追加した。また、上級グレードにダイナミックライトアシストやアラウンドビューカメラ"Area View"、駐車支援システム"Park Assist"などを搭載している。

ラインアップは「アルテオン R-Line 4MOTION」(549万円)と「アルテオン R-Line 4MOTION Advance」(599万円)の2タイプ。ボディカラーは新色の"チリレッドメタリック"を含む全6色が用意される。

(Text by S.Ubukata)

■関連リンク
トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/3903

■ 関連記事