情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2017年1月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

RSSフィード

新型「ティグアン」発売
170117-Tiguan-10.jpg2017年1月17日、フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、8年ぶりにフルモデルチェンジした新型「ティグアン」を発表し、同日より販売を開始した。

2代目となる新型ティグアンは、ゴルフ7から採用されている新しいモジュールコンセプト「MQB」をベースに生まれ変わったモデルだ。

170117-Tiguan-04.jpg
新型ティグアンのボディサイズは全長4500×全幅1840×全高1675mmで、これは先代に比べて全長が70mm、全幅が30mm拡大する一方、全高は35mm低い。また、ホイールベースを70mm拡大することで、スタイリッシュなプロポーションと快適なキャビンを両立している。

170117-Tiguan-02.jpg
フロントビューは、物理的なサイズ変更に加えて、水平基調のラジエターグリルとヘッドライトにより、ワイド&ローのデザインを強調。さらに、LEDヘッドライトに採用により、精悍さを増した印象だ。

サイドビューは、低いルーフラインとロングホイールベース化、さらに、従来よりもウエストラインとキャラクターラインを高めることでSUVらしさを強調したという。キャラクターラインは2重に引かれ、そのライン上にドアハンドルが配置される。

リヤビューは、LEDテールライトを結ぶキャラクターラインがテールゲートのデザインに彫刻的な印象を与えている。テールライトを2分割式とし、テールゲートの開口面積を拡大することで使い勝手を高めた。

170117-Tiguan-03.jpg
インテリアは、ダッシュパネルをドライバーに向けることで、ドライバーの操作性を向上。アナログ式のメーターに加えて、フルデジタルの「アクティブインフォ ディスプレイ」を設定している。

170117-Tiguan-6.jpg
ホイールベースが70mm延長されたことで室内長は26mm拡大。後席のニールームは29mm広くなっている。ラゲッジスペースは5人乗車時でも615Lを確保(従来比+145L)。後席を倒せば最大1655Lに達する。分割可倒式の後席には前後スライド機構が備わる。

170117-Tiguan-7.jpg
パワートレインは、気筒休止システムを備えた1.4 TSI(150ps)を搭載。6速DSGを介して前輪を駆動する。JC08モード燃費は16.3km/Lで、これは旧型の14.6km/Lを約10%上回る。

グレードは、ベースの「TSIコンフォートライン」(360万円)に加えて、先進装備を充実させた「TSIハイライン」(433万2000円)、スポーティな内外装を採用する「TSI R-Line」(463万2000円)を設定。

MQBの採用により安全装備が充実したのも新型ティグアンの大きな特徴だ。「Volkswagenオールインセーフティ」として、プリクラッシュブレーキシステム"Front Assist"やポストコリジョンブレーキシステム、アダプティブクルーズコントロール"ACC"などを標準装着。さらに、上級グレードにはレーンキープアシストシステム"Lane Assist"や渋滞時追従支援システム"Traffic Assist"を搭載する。

170117-Tiguan-11.jpg
また、最新のフォルクスワーゲンらしく、コネクティビティを高めた純正インフォテインメントを用意。純正ナビゲーションの"Discover Pro"ではテレマティックス機能の"Guide & Inform"が利用可能となる。

(Text by S.Ubukata)


トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/3748

■ 関連記事