情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2016年5月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

RSSフィード

全日本F3富士でVWエンジン勢が2連勝
160514-F3 3-1.jpg2016年5月14日、15日、全日本F3選手権第2大会が静岡県の富士スピードウェイで行われ、フォルクスワーゲンエンジンを搭載するB-MAX NDDP F3の佐々木大樹が第3戦、第4戦を制した。

24年ぶりに日本に投入されたフォルクスワーゲンエンジンを搭載するのは、B-MAX Racing Team with NDDPの3台で、#21を佐々木大樹、#22をヤン・マーデンボロー、#23を千代勝正がドライブする。

第3戦は、予選で#22のマーデンボローがポールポジション、#21の佐々木が3番手を獲得。そして、決勝では序盤に2位に浮上した#21の佐々木が、トップを走る#22のマーデンボローと熾烈な首位争いを演じ、ラスト3周で佐々木がマーデンボローをパス。レースはそのまま終了し、投入から3戦目にしてフォルクスワーゲンエンジン勢がレースを制した。

160514-F3 3-3.jpg
第4戦は、#21の佐々木と#22のマーデンボローがフロントロウ、#23の千代が5番手からスタート。オープニングラップで#22のマーデンボローにトップを奪われた#21の佐々木だったが、2周目にマーデンボローがオーバーランした隙にトップに浮上。

ポジションを落としたマーデンボローは#23の千代と3位を争うことになるが、終盤にこの2台が接触し、マーデンボローは4位、千代は最下位でレースを終えることになった。

一方、#21の佐々木は2位に2.644秒の差をつけて第4戦を制し、ここ富士の第2大会を完勝した。

(Text & photos by S.Ubukata)
トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/3615

■ 関連記事