情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2016年4月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

RSSフィード

北京ショーで「T-プライム コンセプトGTE」を披露
160426-T PRIME-01.jpg2016年4月25日、フォルクスワーゲンは北京モーターショーでフルサイズSUVの「T-プライム コンセプトGTE」を初公開した。

フォルクスワーゲンは、ここ3〜4年のあいだにEVまたはプラグインハイブリッド7モデルを中国市場に投入する予定だ。いずれも現地生産となる見込みで、デザインセンターと開発センターの開設も計画されている。

そんな状況を象徴するかのように、フォルクスワーゲンが北京モーターショーで初公開したのが、フルサイズSUVのスタディ「T-プライム コンセプトGTE」だ。

160426-T PRIME-02.jpg
T-プライム コンセプトGTEは、縦置きパワートレイン用プラットフォーム「MLB」を採用したプレミアムSUVで、ボディは全長5069×全幅2000×全高1708mmの堂々たるサイズを誇る。

室内には2列シートが収まり、後席を2席とした4シーター構成とすることで、ラグジュアリーな空間に仕上げている。

アクティブインフォディスプレイと呼ばれるフルデジタルメーターに加えて、曲面で構成されたインフォテインメントディスプレイが装着され、ステアリングホイールを除き、物理的なスイッチを排したのが大きな特徴だ。

160426-T PRIME-04.jpg
パワートレインは、2.0 TSIと電気モーターの組み合わせで、システム最高出力は381ps、最大トルク700Nm(71.4kgm)を達成。0-100km/h加速は6.0秒。

最大50kmのEV走行が可能で、バッテリーが空の状態でも、ハイブリッド走行により12.5km/Lの低燃費を実現する。

160426-T PRIME-03.jpg
フォルクスワーゲンは、このT-プライム コンセプトGTEにより次期フラッグシップSUVの方向性を示したといい、それが新型トゥアレグにどのように表現されるのかが、実に楽しみである。

(Tex by S.Ubukata)
トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/3600

■ 関連記事