情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2015年9月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

RSSフィード

「ゴルフGTE」を発売
150908-GTE-1.jpg2015年9月8日、フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、ゴルフをベースとしたプラグインハイブリッドカー「ゴルフGTE」を発表・発売した。

※試乗記はこちら

自動車の電動化に向けたフォルクスワーゲンの取り組み「e-mobility」のひとつとして、EV(電気自動車)とともに普及を進めているのがPHEV(プラグインハイブリッド)だ。その第一弾として日本市場に投入されたのが、ゴルフをベースとしたPHEVの「ゴルフGTE」である。

150908-GTE-11.jpg
ゴルフGTEは、その名前やデザインに表れているように、フォルクスワーゲンのスポーツモデル「ゴルフGTI」を強く意識したモデルで、スポーティな走りと環境への配慮を両立したユニークなPHEVなのだ。

ゴルフGTEのエクステリアは、ゴルフGTI同様、ヘッドライトとラジエターグリルを貫く水平バーを備えているが、バーの色がレッドではなく、e-mobilityのイメージカラーであるブルーとしたことや、C字型のフロントLEDランプを搭載することでゴルフGTIとの違いを明確に示している。ヘッドライトやウインカー、テールライト、ライセンスプレートライトなどにもLEDを採用する。

150908-GTE-8.jpg
インテリアは、ゴルフGTIを彷彿とさせるタータンチェック柄のスポーツシートを採用。こちらも、アクセントにブルーを採り入れ、さらにドアトリムやドアシルプレートのイルミネーションなどもブルーとすることでGTEらしさを表現した。ゴルフGTE専用のメーターパネルには、回転計に代えてパワーメーターを装着することで、PHEVであることがひと目でわかるようになっている。

150908-GTE-9.jpg
パワートレインは、最高出力150ps、最大トルク25.5kgmの1.4 TSIエンジンと、定格出力55kW(75ps)、最高出力80kW(109ps)、最大トルク33.6kgmの電気モーターを組み合わせたパラレル式のハイブリッドシステムを採用。6速DSGを介して前輪を駆動する。

150908-GTE-100.jpg
150908-GTE-7.jpgバッテリーは容量8.7kWhのリチウムイオン電池をリヤアクスル手前に搭載。このため燃料タンク(40L)がラゲッジスペースの床下に移され、通常時の容量が272L(GTIは380L)となる。
EVとして電気モーターだけで走る「Eモード」を選べば最大53.1km(JC08モード)の走行が可能。最高速は130km/hにおよぶ。一方、エンジンとモーターを組み合わせて走る「ハイブリッドモード」では、23.8km/L(JC08モード)の低燃費を実現する。

そして、「GTEモード」はエンジンとモーターのパワーを最大限に生かすことが可能なモードで、さらに、アクセルペダルやDSG、ステアリングの特性がスポーティに変わるとともに、オプションのDCC装着車ではその設定がスポーツに変更されて、ダイナミックな走りが楽しめる。0-100km/h加速は7.6秒をマークする。

バッテリーの充電は、フロントグリルのVWエンブレムの背後にある充電ソケットを用いる。200Vの普通充電に対応し、200Vの家庭用電源を使用した場合、フル充電に要する時間は約3時間だ。EVと異なり、バッテリーがほぼ空の状態でもハイブリッド走行が可能であり、必ずしも外部からの充電を必要としないのはPHEVならではの特長である。

150908-GTE-5.jpg
ゴルフGTEには専用機能を備えた純正インフォテインメントシステム「ディスカバープロ」が標準装着される。通常のインフォテインメント機能に加えて、EV走行可能な範囲を表示する「レンジモニター」、走行中のエネルギーの流れを表示する「エネルギーフローインジケーター」、充電時間などを管理する「eマネージャー」などの専用機能が追加される。

また、2015年11月からはゴルフGTEユーザー向けに「Car-Net e-Remote」サービスが始まる予定。これは、PCやスマートフォンからクルマの状況を確認したり、事前に空調を作動させたりできるものだ。

150908-GTE-13.jpg
ボディカラーは5色(オリックスホワイト マザーオブパールエフェクトは6万4800円の有償オプション)を設定。オプションとしては、DCCパッケージ(21万6000円)、セーフティパッケージ(10万8000円)、レザーシートパッケージ(27万円)、電動パノラマスライディングルーフ(12万9600円)が用意される。

ゴルフGTEの価格は499万円。エコカー免税対象であるとともに、車両の購入に際しては、最大38万円のクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費が適用される。

150908-GTE-15.jpg
(Text by S.Ubukata / Photos by M.Arakawa)

■ 関連記事