情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2012年11月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のエントリー

カテゴリー

過去の記事

RSSフィード

ティグアンにFFモデル登場
121120-Tiguan-01.jpg2012年11月20日、フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、コンパクトSUV「ティグアン」にFF仕様の「ティグアン TSI ブルーモーションテクノロジー」を追加した。


これまで販売されてきたティグアンは4MOTION=4WD仕様のみだったが、今回新たにFF仕様が追加されることになった。

121120-Tiguan-04.jpgティグアン TSI ブルーモーションテクノロジーには、1.4 TSI "ツインチャージャー"、すなわち、1.4L 直噴ターボ&スーパーチャージャーエンジン(150ps)が搭載され、6速DSGが組み合わされる。さらに、ブルーモーションテクノロジーの名前が示すように、Start/Stopシステム(アイドリングストップ機構)やブレーキエネルギー回生システムを採用。
また、走行中にアクセルペダルから足を離したときに、トランスミッションをニュートラルにして惰力走行する「コースティングモード」も搭載する。これらにより、JC08モード燃費は14.6km/Lを達成した。

装備が充実しているのも見どころのひとつで、純正ナビゲーションシステム「712SDCW」やリアビューカメラなどが標準装着となる。価格は339万円。

121120-Tiguan-02.jpg
121120-Tiguan-05.jpgまた、人気のスポーティ仕様「R-Lineパッケージ」も設定。R-Line専用のエアロパーツや専用ファブリックシート、バイキセノンヘッドライト、専用スポーツサスペンション、235/50R18タイヤ+8J×18インチアルミホイールが追加されて、価格は379万円だ。
121120-Tiguan-03.jpg一方、4WD仕様は、ティグアン 2.0 TSI R-Lineが「ティグアン 2.0 TSI R-Line 4MOTION」と名称変更して販売が続けられる。こちらの価格は426万円。
今回のFF仕様は、SUVのスタイルや機能性には魅力を感じているが、ふだんはFFで十分というユーザーにアピールするモデル。価格もナビ付きで339万円とお手頃なことから、ティグアンの人気再燃が期待される。

(Text by S.Ubukata)
トラックバック(0)
URL:http://8speed.net/blog/mt-tb.cgi/2029

■ 関連記事