情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2018年6月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のエントリー

過去の記事

RSSフィード

【GTI Clubsport】ウチのクルマにも入ってます!
180618-RL-00.jpg先日、Racingline Japanが手がけた2台のゴルフを紹介しましたが、実は愛車のゴルフGTIクラブスポーツにもあのパーツが入っています!

取材したのは「ゴルフ7.5R」と「ゴルフGTIクラブスポーツ」の2台です。カスタマイズの内容はこちらの記事をご覧いただくとして、私としては、Racingline Japan仕様のゴルフGTIクラブスポーツが気になってしかたありません(笑)

180611-RL2-16.jpg
実は私のゴルフGTIクラブスポーツにも、「Racingline Performance Parts」の人気パーツがいくつか装着されています。

180618-RL-02-2.jpg
こちらが愛車のエンジンルーム。「R600コールドエア・インテーク」「ターボインレットホース」が装着されているのが、すぐにわかるはずです。

さらに、見えない場所に、「ハイフローターボインレット90」と「ターボマフラーデリート」が付いています。

180618-RL-01.jpg
個人的に一番気に入っているのが、下の写真(左)のターボマフラーデリートです。

写真右が、ターボチャージャーのコンプレッサー出口に標準で装着されている「ターボマフラー」。パイプの横に穴があり、これがターボから発生するノイズを消すのですが、代わりに空気の流れが乱れるので、ターボのレスポンスが乱れるそうです。

そこで、消音機能をなくして、空気の流れをスムーズにするのがターボマフラーデリートです。アクセルペダルを踏んだときの「シュー」という音がよく聞こえます(笑) といっても、全然、不快ではありません。一方、ターボのレスポンスは目に見えて向上していますので、ゴルフGTIやRなどのターボエンジンを低価格でレスポンス向上するには、見逃せないアイテムです。

180611- RL-02.jpg
Racingline JapanのゴルフGTIクラブスポーツでは、これら"インテーク4点セット"に加えて、「カップエディション リヤエキゾーストシステム」とハイフローキャタライザー付きの「フロントエキゾーストシステム」が装着され、さらに、現在開発中のECUプログラム「OEM+」がインストールされていました。

短時間ですが運転した印象は......ウチのゴルフGTIクラブスポーツとはまるで別モノでした! とにかく低回転からトルクが太くて、2Lエンジンとは思えないほど力強い。そして、アクセルペダルを踏み込んでみると、加速が圧倒的で、状況によっては加速途中でもホイールスピンするほどの大トルクです。それでいて扱いにくさがないのは、さすがというところです。

ノーマルでもパワーに不満はありませんでしたが、この速さは実に魅力的です。これならゴルフRに負けないかも(笑)

180611-RL2-3.jpg
(Text by S.Ubukata / Photos by S.Ubukata, W.Tamura)

■ 関連記事