情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2018年5月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のエントリー

過去の記事

RSSフィード

【GTI Clubsport】cpm STAGE 3にステップアップ
180507-cpm-22.jpgいまやボディ補強の定番アイテムとして人気のcpm。今回は「STAGE 3」にステップアップしました。

過去のレポートでもお伝えしているとおり、愛車のゴルフGTIクラブスポーツにはボディ補強の定番アイテムのcpmを装着しています。

ゴルフ7/7.5のFF用としては、

(1)LowerReinforcement(26,000円)
(2)Front Member Brace(20,000円)
(3)Rear Member Brace(23,000円)
(4)LowerReinforcement Extension(25,000円)
         ※価格はすべて税別、工賃別

の4タイプが用意されており、(1)から段階的にステップアップするステージチューニングが推奨されています。

STAGE 1:LowerReinforcement
STAGE 2:STAGE1 + Front Member Brace
STAGE 3:STAGE2 + Rear Member Brace
STAGE 4:STAGE3 + LowerReinforcement Extension

現在はSTAGE 2の状態ですが、STAGE 1により、ボディ剛性のアップとハンドリング性能の向上を、そして、STAGE 2により、フロントの接地感の向上を実感しました。

そして今回、次なるSTAGE 3へのステップアップを行いました。下の写真が、STAGE 3で追加される「Rear Member Brace」とブラケットです。

180507-cpm-1.jpg
取り付けはいつものmaniacsSTADIUMで行いました。

まず最初に、リヤスタビライザーのマウントに専用のブラケットを装着します。

180507-cpm-3.jpg
そして、Rear Member Braceを装着。リヤスタビライザーのマウントを外したり、ブラケットの位置を調整しながらの装着になりますので、プロに任せるのが賢明ですね。

180507-cpm-4.jpg
さっそく走ってみると、ボディ後半の剛性が明らかに向上しています。それまでは、ボディ前半の剛性が上がったぶん、相対的にボディ後半がすこしユルく感じられていたのが、後半もカッチリとした印象に変わったのです。

また、荒れた路面を走ったときにリヤから伝わってきていた不快な振動も解消されていました。

しかし、一番の効果は、コーナリング時のリヤの踏ん張りがアップし、さらに気持ちよくワインディングロードが走れるようになったことでしょう。

それでいて、街乗りの快適性が損なわれていないのがうれしいところです。

171214-SU1-21-2.jpg
STAGE 3の効果が確認できたところで、次回は最終ステージへのステップアップを行います。

(Text by S.Ubukata / Photos by W.Tamura, S.Ubukata)

■関連リンク
cpm

■ 関連記事