情報過多のブログ時代を突き抜ける8速目のギア 「8speed.net」フォルクスワーゲンライフがもっと愉しくなるウェブマガジン

VW life 8speed.net

<   2018年4月   >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のエントリー

過去の記事

RSSフィード

【GTI Clubsport】アルカンターラ巻ステアリングの必需品
180424-Cacazan-1.jpgサーキットを走るとき以外は「手に汗握る」ようなドライビングはしない私ですが、落ち着いて運転していてもアルカンターラ巻ステアリングホイールを握る手は汗ばみます。

これからの季節、ますます気になってくるので、ドライビングローブを手に入れることにしました。

ゴルフGTIクラブスポーツを購入して以来、ドライビングローブを購入したいと思っていたのですが、いつもの「LE GARAGE」 で、ドライビンググローブブランド「CACAZAN」をフィーチャーしたドライビンググローブフェアが行われているというので、足を運んでみることに。

180424-Cacazan-2.jpg
CACAZANについてはこちらのレポートをご覧いただくとして、この日はCACAZANの出石尚仁代表が香川県からいらしているということで、いろいろとお話をうかがっているうちに、気がつくと私もお客さまモードになっていました(笑)

180424-Cacazan-4.jpg
前述のレポートにもあるように、CACAZANが手がけるドライビンググローブには、指がすっかり隠れるフルフィンガータイプと、指が露出するハーフフィンガータイプがあります。ステアリングホイールをしっかり握るという機能性ではフルフィンガータイプがオススメということですが、ゴルフGTIクラブスポーツに搭載される純正ナビゲーションシステム"Discover Pro"がタッチパネル式であることを考えて、今回は指が露出するハーフフィンガータイプを選びました。

180424- Cacazan-5.jpg
ここからは、セミオーダーにより自分だけのドライビンググローブをつくっていきます。まずはサイズを決めます。CACAZANのグローブサイズにはSS、S、M、L、LLの5種類があり、「ハーフフィンガーは取り外しを考えて、少し大きめがいいですよ」という出石代表のアドバイスにしたがい、実際にサンプルを着用してMサイズをチョイス。

このあと、表皮や裏地、ステッチの色など、出石代表のお話を参考にして、あれこれ悩みながら決めていきました。このプロセスが実に楽しい。

さらに、出石代表からは「アルカンターラ巻ステアリングホイールなら、掌の部分にスウェードの"補強あて"をつけるといいですよ!」というアドバイスがあったので、さっそく追加しました。

180424-Cacazan-3.jpg
セミオーダーということで、通常出来あがりまでに1〜2カ月かかるということですが、果たしてどんな"マイグローブ"に仕上がるのか、どうぞお楽しみに!

なお、LE GARAGEのドライビンググローブフェアは5月6日まで開催しています。ご興味のある方は、この機会にぜひ!

(Text by S.Ubukata)

■ 関連記事